News ニュース

「おかえりモネ」制作統括が語る、最終週の見どころ――「ちゃんとこのドラマらしく、それぞれの幸せと希望が見つけられるようになっている」2021/10/25

NHK「おかえりモネ」制作統括・吉永証さんインタビュー

 NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜午前8:00ほか)が最終週を迎え、制作統括・吉永証氏がドラマのこれまでと最終週の見どころを語った。

 2019年春にドラマの構想がスタートしてからの約2年半を振り返り、吉永氏は「『早かったな』と思いましたね。取材やリサーチを進め、撮影自体は昨年9月末くらいからでした。特に撮影が始まってから今日に至るまでが、あっという間だったなぁっていうのが実感です」と率直な思いを述べた。また、ヒロイン・清原果耶演じる永浦百音(愛称・モネ)やドラマのテーマについて「まず、放送が2021年春と予定されていたので、“東日本大震災があってから10年という時期に始まる朝ドラ”と考えた時に、やはり東北を舞台に、というところから始まりました。震災を背景に、宮城県を舞台にして、どのような人物・ヒロインが成長していく物語にするか。朝ドラはちょっと前の時代のものが続きましたが、私たちのチームや脚本の安達奈緒子さんとも話して、現代を舞台にしたドラマにしようと決め、そこから取材を重ねていきました」と制作の過程を語る。

 さらに、ドラマの底にある「あの時、そこにいた」「そこにいなかった」という主人公の描写について「私たちは東京で震災を体験していますが、津波など震災を直接には経験していません。取材をして、震災の経験やその受け止め方は本当に人によって異なる、当事者でない自分たちが震災を描くことは非常に難しいと感じました」と思いを打ち明け、「主人公の百音は、震災の時、故郷にいなくて津波を見ていない。そうした場合、周囲の体験やその時感じた自分の思いを故郷の人たちや家族、自分のこれから進む道にどういった形で生かしていくのか……このテーマで描いていくことにしました。自分たちが想像できることや、直接体験した方たちに寄り添うことであれば、ドラマとして描いていけるんじゃないかと考えたんです」と意図を明かした。

 ただ、制作は一筋縄ではいかなかった。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、苦労を強いられることに。「準備していた一昨年はまだ発生していませんでしたが、2020年になって怪しくなり、クランクインする時は感染拡大が続いている状況でした。緊急事態宣言が出ている状態ではロケをすることが非常に難しく、いろいろと場所を変えたり、スタジオのセットでの収録にもっていったり、少し時期をずらしたり……ということが何度も繰り返されました。長期間のドラマは最後まで撮り切ることが大変だな、ということを感じましたね。ドラマはリモートで作れないので、非常に難しかったです」と言い、さらに演出面で悩ませたのが、“朝ドラ”に多く登場する食卓での食事シーンだという。「感染対策をしなくてはいけなかったので、食事シーンを撮るのは大変でしたね。時間や手間がどうしてもかかるので、台本段階で調整をしました」と苦心したようだ。

 ところで、物語の根幹となる安達奈緒子氏の脚本は百音のセリフが少なく、周囲の登場人物たちの言葉によって百音が描かれることが多い。「百音自身が先頭に立って、積極的に自分から突き進んで行動していくというよりは、百音がいることによって、いろんな人が話をし、気持ちを述べる。“媒介”という言葉を使うんですが、百音がいることによって周囲が変化する。清原さんが演じるということもあってか、安達さんはそういう立ち位置のヒロインを書かれたと思います」と推察。「安達さんが書かれるセリフって、ストレートではない部分があると思うんです。菅波光太朗(坂口健太郎)の百音に対する気持ちも、直接『あなたのことが好きです』じゃない。でも思いやりの言葉として自分が考えていることを伝えることで、『この人、百音のことをとても大事に思ってるんだな』っていうことが分かるんです。『実は、こういうことを思ってるから言ってるんだ』と想像して、かみしめることによって、より伝わる点が安達さんの特徴かなと思います」とその思いを代弁する。

 さらに、劇中で印象に残る音楽については「高木正勝さんが作る音楽は気持ちを揺さぶる加減が大きく、それでいて『おかえりモネ』の“自然との関わり”という点とも非常に相性が良いのではと思って、高木さんにお願いしました。高木さんには、百音を中心としたドラマの内容と描こうとする事柄を説明して、そこからご自身のなかで湧き上がってきたものを書いてください、と。すると高木さんもすごく考えてくださって、ご自身の人生や今の気持ちを反すうするなかで曲を書いてくださいましたね」と話し、収録も「ドラマが進み、主人公・百音のステージが変わっていくにあたり、それぞれに合った曲が必要となり、3回ほど録音の機会を作りました。1年近くの長い期間、同じ作品のこと考えて曲を作ってくださって、高木さんは最後に『音楽人生のなかで、やりきった』とおっしゃっていました。『明日から、大工仕事でもやろうかな』なんて(笑)。でも、それだけの熱意と思いを込めて、持てる力をこのドラマにつぎ込んでくださったんだな、と感じましたね」と感謝する。

NHK「おかえりモネ」制作統括・吉永証さんインタビュー

 そして気になる最終週は、「それぞれの次なる一歩への踏み出しが、怒濤(どとう)のように描かれます。まず菅波が永浦家に行き、耕治(内野聖陽)や亜哉子(鈴木京香)、龍己(藤竜也)の前で、もちろん百音もいるなかで、どういうふうに自分たちのことを伝えるか。とても菅波らしく、永浦家のみんなの受け止め方もある種ほほ笑ましい、ほっこりする部分があります。百音と菅波がどのように2人の未来を描くか、というところも、そのやりとりが面白いですよ」と期待をあおる。ほかにも「百音と未知(蒔田彩珠)の関係は、2人の間でより心が通じ合うところが描かれます。いま未知が抱えている思いが、実はもうちょっとこういうことがあったと分かり、皆さん、ああそうだったんだ、と思われると思います。それから、百音と幼なじみのある展開や、耕治と龍己の少し変化した様子とか…、いろいろですね」と盛りだくさんなようだ。

NHK「おかえりモネ」制作統括・吉永証さんインタビュー

 最後に吉永氏は「どうやって収まるんだろう……って、視聴者の皆さんも心配していらっしゃると思います(笑)。すべてがスカッと解決するわけではありませんが、ちゃんとこのドラマらしく、それぞれの幸せと希望が見つけられるようになっているので、ぜひご覧いただければと思います」とアピールした。

取材・文/TVガイドみんなドラマ編集部(https://mindra.jp/


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.