News ニュース

高橋一生主演「岸辺露伴は動かない」続編の放送日決定!「ますます洗練されたこの奇妙な世界をご一緒に、冒険しましょう」2021/10/17

 高橋一生が主演を務める、NHK総合のドラマ「岸辺露伴は動かない」の放送が、12月27~29日(午後10:00)の3夜連続となることが決定した。

 ドラマの原作は、累計発行部数が1億部を超える、荒木飛呂彦氏原作の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズから派生した「岸辺露伴は動かない」シリーズ。2020年末に、高橋の主演で初めて映像化され、大きな反響を呼んだことから新作エピソードとなる第4~第6話の制作が決まった。

 高橋は、相手を「本」にして、生い立ちや秘密を読み、さらに指示を書き込むこともできる特殊能力“ヘブンズ・ドアー”を備えた漫画家・岸辺露伴を演じる。そして、その相棒となる、大手出版社「集明社」に勤務する、露伴の担当編集者の泉京香役を飯豊まりえが務め、遭遇する奇怪な事件や不可思議な現象に立ち向かっていく。

 また、事件や不可思議な現象に関わる各話のゲスト発表され、第4話に笠松将、第5話に市川猿之助、第6話に内田理央がそれぞれ出演する。

 「去年の撮影の最中、続編ができるのならば『次にできること』は何かと考えていました」という高橋は、「まだその時点で続編が決定していたわけじゃあないのに。演出の(渡辺)一貴さん、プロデューサーの土橋(圭介)さん、人物デザイン監修の柘植(伊佐夫)さん、撮影の山本(周平)さん、照明部、衣装部、メーク部、制作部も、『次』があるなら、とよく現場で話していました。そして、その時できることすべてを一丸となって注ぎ、去年末、『岸辺露伴は動かない』が出来上がりました」と振り返る。

 そして「見てくださった方々の多くも『次』を期待してくださっていたのだと思います。1、2、3話に引き続き、4、5.、6話です。俳優部の1人としては、一つの役を長く演じることができる幸福感をかみ締めると同時に、『次にできること』を楽しみながら、その時できることを詰め込みました。ますます洗練されたこの奇妙な世界をご一緒に、冒険しましょう」と呼び掛けている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.