News ニュース

関ジャニ∞の「ココロに花」が「サムライカアサン」の主題歌に決定! 主演・城島茂が初めてTOKIO以外に曲を提供2021/09/21

 関ジャニ∞の新曲「ココロに花」が、TOKIOの城島茂が主演を務め、日本テレビで10月11日スタートする連続ドラマ「サムライカアサン」(月曜深夜0:59、関東ローカル)の主題歌に決定した。

 ドラマは、板羽皆氏による同名コミックを映像化。Lil かんさい/関西ジャニーズJr.の大西風雅演じる、反抗期の⾼校⽣息⼦・武士(たけし)にウザがられながらも、その⼤きすぎる愛でみんなを巻き込み⼤暴⾛する最強オカン・伊佐⽊よい子(城島)が巻き起こす、笑いとホロリの全⼒愛情コメディーだ。

 主題歌に決定した「ココロに花」は、城島がドラマのために書き下ろした楽曲で、城島がTOKIO以外に楽曲提供するのは今回が初めて。歌詞の中にも、城島ならではのいろいろな仕掛けが散りばめられており、ドラマの世界観に寄り添いながらも、関ジャニ∞らしさあふれる全⼒応援歌に仕上がっている。

 城島は「今回の楽曲は『サムライカアサン』のドラマの撮影中、⾃分が実際に、よい⼦というオカンとしての⽇々を積み重ねていく中で感じる思いや、息⼦・たけしへの、そしていろんな⼈たちへの愛情をそのままメロディーにして表現しました。逆に⾔えば、ただ主題歌を書いてくれと依頼が来ていたらこの歌は⽣まれなかったと思います。まさに、よい⼦と城島茂の合作とも⾔える曲です」と楽曲について説明。

 そして「関ジャニ∞のコンサートでずっと愛されるような曲に、ファンの⽅にステージで体感していただいて曲⾃体を育ててもらえるようなそんな1曲になればと。TOKIO以外に今回曲を書いたのが初めてで、⾃分にとってはある意味貴重な体験となりました。レコーディング現場にも⾏かせていただきましたが、関ジャニ∞のメンバーそれぞれがさまざまな楽曲を⾃分たちのフィルターを通しすぐにものにしてしまう、そんな彼らの表現⼒にはあらためて驚かされました。結果、蓋を開けたら関ジャニ∞っぽくなったという」と関ジャニ∞との作業を振り返り、「いつか彼ら⾃⾝でリアレンジした、安⽥(章大)くんのアコースティックギターで奏でるアンプラグドバージョンも聴いてみたいと個⼈的に思っています」と期待を寄せている。

 関ジャニ∞の丸山隆平は「関ジャニ∞のニューアルバム『8BEAT』が11⽉17⽇に発売されますが、ここにもう1⼈スペシャルな⽅からの楽曲提供をいただきました! 城島茂さんです! さらに、城島くんが主演を務められる『サムライカアサン』の主題歌に抜てきしていただき、⼤変光栄なことだなと実感しております」と喜びを伝える。

 さらに「ドラマの主演である城島くん⾃らが作詞・作曲をしてくださったということで、世界観がとても暖かく、⼒強いロックサウンドの楽曲になっています! 城島くんともメールのやりとりをさせていただいて、思い⼊れの強い曲になっています! この曲の歌詞にはいろいろな仕掛けがあるので、そこも城島くんらしいなと思いました」と楽曲について語り、「ぜひ皆さんにはドラマとともに、この楽曲と合わせてアルバム『8BEAT』も楽しんでもらえたらうれしいです」とアピールしている。

 また、放送に先駆け、主題歌の一部も聴くことができるPR動画(https://youtu.be/0aAeT8UCncE)が公開中。激うざ最強オカン・よい⼦VS反抗期息⼦・たけしのまるで漫才のようなやりとりをはじめ、よい⼦の夫・ジョージ(有野晋哉)、たけしの彼⼥・こずえ(井頭愛海)など、「サムライカアサン」の魅⼒的なキャラクターたちがパワフル&キュートに映し出される映像となっている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.