News ニュース

【東京パラリンピック・9/5◆本日の見どころをピックアップ】大会は最終日。国立競技場を発着点に、マラソンが陸上のフィナーレを飾る2021/09/05

パラマラソン(道下美里)写真:Steve Vidler/アフロ

 大会は最終日。陸上競技は男女T54(車いす)、男女T12(視覚障がい)、男子T46(上肢障がい)の5種目のマラソンがフィナーレを飾る。暑さ対策で北海道・札幌に舞台を移したオリンピックとは異なり、国立競技場を発着点に都内各所をめぐるコースで行われる。

 日本勢で特に期待を集めているのは、T12の道下美里。前回2016年リオデジャネイロ大会の銀メダリストであり、世界記録を持つ日本のエースが、身長144cmの小柄な体格を生かしたピッチ走法と粘り強さを武器に金メダルを狙う。トライアスロンにも出場した女子T54の土田和歌子、T46のアジア記録を持つ永田務らにも注目。外国勢では今大会トラック男子T54で3種目を制しているマルセル・フグ(スイス)、トラック女子T54で金2、銀2個のメダルを獲得しているマヌエラ・シェア(スイス)、リオ大会金メダルの鄒麗紅(中国)、銀メダルのタチアナ・マクファーデン(アメリカ)らに注目。

 バドミントンは7クラスのメダルマッチが行われ、日本勢が4組出場する。中でも注目は、女子ダブルスWH(車いす)決勝に出場する里見紗李奈&山崎悠麻組。シングルスWH1で金メダルに輝いた里見が2冠達成、シングルスWH2銅メダルの山崎が複数メダル獲得に挑む。男子シングルスWH2決勝に出場する梶原大暉にも金メダルの期待が。梶原は、村山浩と組んだ男子ダブルスでは3位決定戦にも出場する。混合ダブルスSL3-SU5(下肢障がい/立位、上肢障がい)の藤原大輔&杉野明子組も3位決定戦でメダル獲得を狙う。日本は前日に5個のメダルを獲得したが、競技最終日に何個上積みできるか。

 車いすバスケットボールは男子のメダルマッチが行われ、日本とアメリカが金メダルを争う。日本は準決勝で2018年世界選手権王者のイギリスと対戦。第1クオーターはリードを許したが、第2クオーターから激しいディフェンスからの速攻が決まり始め、第3クオーターに逆転すると、そのまま逃げ切った。速攻で先頭を走り続けて20得点を決めた鳥海連志、3点シュートを3本放ってすべて決めた香西宏昭、圧倒的な運動量で攻守に走り回った赤石竜我らが輝きを放った。決勝でも“走り合い”でリズムをつかみ、磨き上げてきた速攻で勝利を手繰り寄せたいところ。すでにこの競技では男女通じて初のメダルは確定させた。最も輝くメダルを全員で首にかけ、有終の美を飾ってほしい

 シッティングバレーボールは女子決勝が行われ、アメリカと中国が対戦する。

 射撃は混合 R6 50mライフル伏射SH1(運動機能障がい)が行われ、渡邊裕介が出場する。

▶東京パラリンピック 放送スケジュール(地上波・BS放送)はこちらをチェック!(https://www.tvguide.or.jp/schedule-olympic-paralympic/
▶パラリンピックの記事一覧はこちらをチェック!https://www.tvguide.or.jp/news_category/tokyo2020-para/
▶オリンピック・パラリンピックの記事一覧はこちらをチェック!https://www.tvguide.or.jp/news_category/tokyo2020/


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.