News ニュース

伊野尾慧&神宮寺勇太「准教授・高槻彰良の推察」で市川由衣が“霊感女優”に2021/08/26

 Hey! Say! JUMP・伊野尾慧が主演を務め、フジテレビ系で8月28日放送の「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」(土曜午後11:40)の第4話に、市川由衣と馬渕英里何が出演する。

 ドラマは、完全記憶力という“異能”を持つ民俗学の准教授・高槻彰良(伊野尾)と、人のうそが分かるようになってしまったがゆえに、“孤独”を抱える大学生・深町尚哉(神宮寺勇太)が、さまざまな怪異事件の謎解きを通じて、人とつながることの大切さを描いたヒューマンミステリー。第4話では、高槻が幽霊が見えると話題の“霊感女優”藤谷更紗(市川)から、主演映画の撮影現場で続く怪異現象の調査依頼を受ける。なぜか苦い顔を浮かべる更紗のマネジャー・宮原晴子(馬渕)もいる中、高槻は尚哉らと現場へ出向き、その現象を見たという撮影スタッフなどに話を聞きながら、真相の解明を試みる。

 市川は「私は怖い話が苦手なので、ホラーだったら嫌だなと思いつつ、どういう展開になるのかワクワクしながら脚本を読んだのですが、このドラマはホラーというより、人間の生きざまみたいなものが描かれている点が強く印象に残りました」と語る。自身が演じる役柄には「藤谷更紗はとても人間らしく、幼い頃から特殊な世界にいながらも、とても普通の感覚を持っている真面目な方という印象を持ちました。私も14歳から女優を始め、この業界のいろいろな面を見てきているので、更紗が感じていることに共感できる部分は多かったです。どんな職業でもそうだと思いますが、長く続けていると悩みも出てきますよね。でも、更紗はそこから逃げないし、すごく応援したくなる人だなと思いましたね」と明かす。

 さらに、第4話の見どころについては「霊感女優の私の周りで怪奇現象が起こるというところがポイントになっています。本当の幽霊によるものなのか、それとも何か仕掛けがあるのか。登場人物それぞれの人間ドラマもしっかりと描かれているので、ホラーが苦手な方も安心して見ていただけます(笑)。それと、撮影現場が結構リアルに描かれていますので『実際の撮影現場って、こういう感じなんだ』ということを垣間見ることができますので、そのあたりも楽しんでもらえるんじゃないかなと思います!」とアピールしている。

 一方、市川との共演に、馬渕は「由衣ちゃんとは初共演なんですが、本当にかわいい! 撮影の合い間はずっとネコの話をしていました。彼女は昔から実家で飼っていて、ウチはまだ子どものネコなんですけど、ネコもそれぞれ全然性格が違うので、人が飼っているネコの話を聞くのも好きなんです。私はネコの話をしているだけで癒やされるので、由衣ちゃんとのトークは幸せでした」とうれしそうで、「実際は“初めましての関係”なのに、演技では“長年の関係”を見せなきゃいけない時に、今回のようにネコ好きという共通点があると一気に関係性が縮まりますからね」と、2人の実際の関係性が、役づくりにもしっかり生きた様子。

 そして「第4話は、私たちからすると“あるある”なことですが、視聴者の方からすると撮影現場に、どういうスタッフがいて、その人がどういう働きをして、どういうところに命を懸けて仕事をしているのかというような“撮影現場の裏側”を見ることができます。今回はそんなテレビや映画制作の過程を覗き見る楽しさがありつつ、出てくるいろいろな人に対して、怪しいなと思える伏線がいっぱい張られていますので、そういう点を推理しながら見ていただけたらなと思います!」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.