News ニュース

中島健人、「彼女はキレイだった」第7話の見どころをアピール。「思わず明日から恋がしたくなると思います」2021/08/24

 Sexy Zone・中島健人と小芝風花がダブル主演を務める、フジテレビ系連続ドラマ「彼女はキレイだった」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)の第7話が本日8月24日に放送。後半戦に入り、さらに見どころ盛りだくさんの第7話について、キャスト陣が見どころを語った。

 ドラマは、さえない太っちょの少年からイケメンエリートへ成長した、世界30カ国で発売されるファッション誌「ザ・モスト」の日本版副編集長兼クリエーティブディレクター・長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。「ザ・モスト」の編集部員・樋口拓也を赤楚衛二、愛の親友・桐山梨沙を佐久間由衣が演じている。

 第6話では、雨の中で宗介が愛を強く抱きしめる“雨ハグ”シーンに、SNSで反響が寄せられた。また、愛を装っている梨沙に違和感を覚える宗介、愛の宗介への思いを知りながらもいちずに愛へ思いを寄せる樋口、そして宗介を本気で好きになってしまい本当のことを言い出せない梨沙、それぞれの恋心が交錯する四角関係に対してのコメントも多数寄せられ、Twitterでは世界トレンド1位となった。また、第6話の予告PR動画も210万再生を超えた。

 第7話に関して、中島は「宗介は今までストイックだったり、サディスティックの“S”だったけど、今回はスイートだったり、スマートだったりの“S”になります。宗介が照れることなく猛烈に愛にアプローチする姿も見られるし、一生懸命さを見ることができます」とアピール。

 中でも注目は「第7話のラストシーン」だと明かし、「男として、1人の女性を愛する気持ちで演じたので、このシーンは遠慮してはいけないなと思いました。宗介の気持ちが、愛という登場人物を通して、多くの視聴者の皆さんに届けばいいなと思いますし、『かのきれ』ファミリーの皆さんは、思わず明日から恋がしたくなると思います」と手応え十分。

 一方、小芝は「4人の募った恋心が大きく動く部分」を見どころに挙げて、「複雑な四角関係なので、結ばれる恋と報われない恋があって、とても切なくもあり、感動的なラストになっていると思います。それぞれの初恋の行方を、ぜひ皆さんに見届けてほしいです」とコメント。

 赤楚は「樋口の愛への告白」を挙げて、「恋は突然始まり、時が経つにつれ、樋口のジャクソン(=佐藤愛)への思いが大きくなっていきました。そして、宗介やジャクソンの気持ちも知った上でも、好きになることがやめられません。そんな樋口の恋の集大成ともいえると思います」と予告する。

 佐久間は「愛と梨沙の友情の行方と、4人それぞれの葛藤と決断」がポイントだと言い、「第6話の最後で、梨沙がつき続けていたうそが愛にバレてしまい、2人の友情がどう山場に向かって変化していくのか注目していただきたいです。うそという魔法がとかれてしまった時、宗介、愛、樋口、梨沙がどんな決断を下すのか、どうか温かく見守っていただきたいです」と話している。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.