News ニュース

「24時間テレビ44」募金リレー第8走者は丸山桂里奈!「私が走っている姿を見て、皆さんのちょっとしたきっかけになってくれたらいいな」2021/08/22

 日本テレビ系では2日間にわたって「24時間テレビ44『愛は地球を救う』」(8月21日午後6:30~22日午後8:54)を生放送。メインパーソナリティーをKing & Prince、チャリティーパーソナリティーを菅野美穂、スペシャルサポーターをチョコレートプラネットが務め、「想い~世界は、きっと変わる。」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画をおくる。昨日21日には、同系の人気バラエティー番組「世界の果てでイッテQ!」に出演する女性芸人たちが全国の合唱強豪校と中島みゆきの名曲「時代」を生披露する姿や、平野紫耀が主演したスペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」などが届けられた。また、「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」では、第1走者の岸優太からたすきが受け継がれている。

 岸からスタートした「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」は、第2走者を東京五輪卓球混合ダブルスの金メダリスト・水谷隼、第3走者をトリノ五輪女子フィギュアスケートの金メダリスト・荒川静香、第4走者を東京五輪のレスリング女子で金メダルを獲得した川井梨紗子・友香子姉妹、第5走者を元ラグビー日本代表の五郎丸歩、第6走者をロンドンオリンピック体操日本代表の田中理恵が務めた。その後、ボクシング世界3階級制覇・長谷川穂積が第7走者として走り終え、女子サッカー元日本代表・丸山桂里奈へとつないだ。

 東日本大震災が起きた2011年に、サッカー女子ワールドカップで“なでしこジャパン”の初優勝に貢献した丸山は、福島に特別な思いを寄せている。初めて親元を離れて暮らす街が福島だったのだ。今回、現在の福島・双葉郡へ向かった丸山が目にしたのは、10年経っても変わらない時間が止まった景色だった。

 住んでいた当時、不安でいっぱいだった丸山は「初めて社会人で福島に出てきて、何も分からない中で支えていただいた」と振り返る。地元の方々は、サッカーの練習終わりに差し入れをくれ、温かい声を掛けてくれたという。中でも丸山がお世話になったのは、彼女が働いていた東京電力・福島第一原発の所長を務め、上司だった吉田昌郎さん。丸山が東京電力を辞めてアメリカに行く時も「桂里奈が一番やりたいことをやるのがいいと思うよ」と後押ししてくれていた。

 しかし、その翌年の11年3月、東日本大震災が発生。福島も甚大な被害を受ける中、最前線で指揮を執っていたのが吉田所長だった。「最悪の事態が来たら従業員は避難させて自分が残る」という覚悟で作業に臨んでいたことに、丸山は「今まで見たことない顔していた。いろんなプレッシャーだったりを1人で背負っているんだろうな」と、当時感じていた思いを語った。

 ちょうどこの時、丸山は3カ月後のサッカー女子W杯の日本代表に招集。しかし、「こんな時にサッカーやっていいのかな」という葛藤を抱えていた。そんな時、背中を押したのは福島の方々だった。「絶対ゴールを決めてきてほしい。それが私たちの力になるよ」と励まされた丸山は、「元気を伝えられるなら、W杯で優勝したいな」と感じ、本大会でもゴールを決める活躍で日本女子サッカー史上初の優勝に貢献したのだった。

 今回の募金リレー参加に丸山は「自分が、みんなが愛した美しい町を取り戻す力になりたい。初めての社会人(生活)で福島に出てきて、福島の人たちにたくさん支えられたので、その時の感謝の思いを伝えたいです。あと私が走っている姿を見て“自分にも何かできるかもしれない”って、皆さんのちょっとしたきっかけになってくれたらいいなと思います」と決意を明かした。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.