News ニュース

THE RAMPAGE・吉野北人ら「トーキョー製麺所」キャストがGOOD ON THE REELの主題歌に合わせて“うどんダンス”2021/08/19

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの吉野北人が主演を務める、MBS制作、TBSほかで9月7日からスタートするドラマイズム「トーキョー製麺所」(MBS=火曜深夜0:59、TBS=火曜深夜1:28)のオープニング主題歌に、GOOD ON THE REELの書き下ろし楽曲「SUNRISE」が起用されることが分かった。

 本作は、問題を抱えたうどんチェーン店「トーキョー製麺所」を舞台にした青春グルメ群像劇。「バイプレイヤーズ」シリーズ(テレビ東京ほか)などを手掛けた宮本武史氏の脚本による完全オリジナルストーリーで、うどん店で働く5人の“麺戦士”の奮闘記をシニカルかつコメディータッチで描きながら、深夜に思わずおなかがすくような、“飯テロ“ならぬ“うどんテロ”を誘う物語となっている。「トーキョー製麺所」の新店長で元ホテルマンの主人公・赤松幸太郎を吉野が演じるほか、栁俊太郎、奥野壮、秋田汐梨、江上敬子(ニッチェ)が共演する。

 ドラマのために書き下ろされた「SUNRISE」は、印象的なイントロから始まり、ハードなロックサウンドにのせて、ボーカルの千野尋隆の和テイストを盛り込んだという歌詞が彩る楽曲に仕上がっている。また、歌詞の中にはドラマの世界観に合わせた“うどん”を連想させるようなワードも見受けられ、この点も聴きどころとなっている。同曲は9月8日から信リリース。主題歌を使用した番組予告(https://youtu.be/VIxIL5j1W3I)も公開されている。

https://youtu.be/VIxIL5j1W3I

 千野は「今回はうどんということもあり、日本を意識して作りました。イントロのギターフレーズではお祭り感を、歌詞の節々には和のテイストを盛り込みました」と制作について明かし、「誰かが決めた正解・不正解ではなく、自分で決めた道を行く。揉みくちゃにされながらも、真っすぐ立ち向かっていく。日の出に大きく胸張って、今日のお出迎えをする。信じられる自分であれば、きっと人生に風立ちぬ」とメッセージを寄せている。

 また、ドラマのオープニングでは「SUNRISE」にのせて、吉野をはじめ、栁、奥野、秋田、江上ら麺戦士5人がダンスを披露。振り付けは4人組ダンスパフォーマンスグループ・s**t kingz(シットキングス)のshojiが担当することも決定。歌詞にもリンクする、うどんを作る工程をイメージした力強い“うどんダンス”は必見だ。

 shojiは「エネルギーあふれる作品に振付師として参加できたこと、とても幸せでした。出演者の皆さんが撮影の合間に一生懸命練習している姿に、とても力をもらいました! きっと、オープニングダンスを通して、そのエネルギーが観ている皆さんにも伝わると思います。うどんを作る過程を取り入れた振り付けになっていますので、お楽しみに!」と参加した感想と見どころを話している。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.