News ニュース

堂本光一と井上芳雄が「ナイツ・テイル」の名曲を披露。互いに明かす意外な一面とは?2021/08/11

 フジテレビ系では8月21日放送の音楽番組「SHIONOGI MUSIC FAIR」(土曜午後6:00)では、この夏話題のミュージカル「ナイツ・テイル-騎士物語-」から主演の堂本光一と井上芳雄、さらに「レ・ミゼラブル」から吉原光夫、知念里奈、唯月ふうかが、劇中の名曲を披露しながら、作品の見どころや舞台裏のエピソードを語る。

 堂本が井上とタッグを組んだミュージカル「ナイツ・テイル-騎士物語-」は、3年ぶりに再演される。堂本は「いろんなことをみんなと乗り越えてきた」と再演できる喜びをかみ締める。そして、同作から「騎士物語」「囚人の歌」「宿敵がまたとない友」の3曲を披露するのだが、「宿敵がまたとない友」について、堂本は「そのままタイトルの通り、2人の関係を表している歌。どっちなんだよとやきもきする」と笑う。井上も「騎士は自分の気持ちとは違うところで、名誉や誇りを懸けて張り合わなければならないが、それをはたからから見るとコミカルに見えるのが面白い」と分析する。3年前の初演時には何度も食事を共にし、交友を深めたという堂本と井上は、さらにお互いの意外な一面を聞かれると、堂本は井上のかつて飼っていたペットの話題に触れ、井上は堂本のステージ上でのどうしても気になる一面を明かし、笑いが巻き起こる。

 世界の演劇史を代表する不朽の名作「レ・ミゼラブル」に出演する吉原、知念、唯月は3曲を披露。ジャン・バル・ジャンを演じる吉原は、緊張のあまり、前夜に番組MCの仲間由紀恵、軽部真一アナウンサーとトークをした夢を見てしまったと言うが、「レ・ミゼラブル」を演じ続けて10年という思いを込めて「フー・アム・アイ〜Who Am I?」を堂々と歌いきる。ファンテーヌを演じる知念は、同作品を代表する名曲の一つともいわれる「夢やぶれて」を歌い、「10年演じ続けたことで、ファンテーヌのことをますますいとおしく感じ、尊敬の念をもって演じている」と思い入れを明かす。エポニーヌを演じる唯月は「彼女の繊細でピュアな恋心と葛藤が出ている曲」だという「オン・マイ・オウン」を熱唱する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.