News ニュース

望月歩&青山美郷&中田青渚「初情事まであと1時間」第4話。姉・妹・姉の恋人の微妙な三角関係にソワソワ2021/08/06

 MBSほかで放送中のドラマ特区「初情事まであと1時間」(木曜深夜0:59)から、望月歩&青山美郷&中田青渚が出演する、8月12日放送・第4話「姉と妹」の場面写真が公開された。

 ドラマは、情事に向かうカップルのリアルな感情の機微がネット上でも話題となったノッツ氏による同名漫画を、演出を務める橋口亮輔、三浦大輔、大九明子、谷口恒平ら豪華監督陣の脚本で映像化。恋人たちが初めて結ばれるまでの直前1時間を切り取り、心も体も裸になってつながるまでの、めくるめく恋と性の駆け引きを描いた恋愛オムニバスドラマだ。初めての愛の営みを目前に控えるカップルとして、望月、青山、中田のほか、岡本玲&ニシダ(ラランド)、中尾明慶&さとうほなみ、趣里&渡辺大知、細田佳央太&大友花恋が登場する。

 TVerの見逃し配信の再生数ランキングでもゴールデン・プライム帯全国ネットドラマと並びトップ3にランクインするなど話題沸騰中の本作。姉と妹と姉の恋人の微妙な三角関係を描いた第4話は、原作コミック「初情事まであと1時間」1巻に収録の「妹と姉とその彼氏の場合」をベースとしたもの。「やりたいふたり(R18版タイトル:悶絶劇場 あえぎの群れ)」(19年)がピンク映画ベストテン2019で年間1位を獲得、監督賞に輝いた期待の新鋭・谷口監督が手掛ける。

 姉の瑞穂(青山)と妹の菜摘(中田)が2人暮らしをする家に、瑞穂の彼氏・芳樹(望月)が泊まりに来る。瑞穂と芳樹の間には体の関係がまだない。瑞穂の入浴中、芳樹に対し「はよお姉の処女捨てたって」と言いつつも、なぜか積極的に誘惑を仕掛けてくる菜摘。菜摘の猛攻をなんとかかわし続ける芳樹。やがてシャワーの音が止み、部屋のドアが開くが…。姉、妹、姉の恋人、結ばれるのは誰か、その結末は果たして?

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.