Feature 特集

浅田真央が「アルソア ドリーム プロジェクト」スタートセレモニーに登場!「自給自足の生活をしたいです」2021/07/02

 化粧品、健康食品、食品などの研究開発・製造・販売を行う株式会社アルソア慧央グループが、自然と調和したライフスタイルの実現を目指して行う「アルソア ドリーム プロジェクト(ARSOA Dream Project)」。そのスタートセレモニーが7月1日に都内で開催され、プロジェクトの考えに深く共感し、共同でプロジェクトに取り組む浅田真央さんが登場しました。

 アルソアのナチュラルさをイメージしたという薄いグリーンのドレス姿で現れた浅田さんは、16歳の頃から愛用しているというアルソアの化粧品について「アルソアさんのおかげで、(肌は)とてもいい状態を保てています。化粧品に使う水にもこだわっていて、実際にお水を作っている工場も見学しました」と話しました。

 初めに、八ヶ岳南麓高原を舞台に、豊かな自然の中を散歩する様子や農作業を体験する浅田さんの姿を映した新しいWEB動画が公開。自然と触れ合う浅田さんの爽やかな笑顔が印象的です。完成した動画を見た浅田さんは「自然の中でナチュラルな気持ちで撮影することができました」とニッコリ。

 続いて、「アルソア ドリーム プロジェクト」の発表へ。プロジェクトのロゴは浅田さんがデザインを担当。「背景はレインボーカラーになっていて、明るい道が続いていけばいいな、という思いを込めました。丸形なのは、人も畑もものもすべてが“丸でつながっている”ことを表現しています」とデザインの意図を明かしました。

「いつか自給自足の生活をすることが夢」だという浅田さん。「20歳頃から野菜が好きになって、こだわるようになっていくうちに、とれたての野菜が一番おいしいと気付きました。自分で野菜を収穫して、とれたてのものが食べられるということは、ぜいたくで幸せなことだと思います。自然からいつもすごくパワーをいただくので、山だったり、森だったり、自然がたっぷりなところで、自分で野菜を作って生活していきたいという思いが強くなりました」と話し、「(プロジェクトを通じて)実際に畑作業をしてみて、農家の方たちがどれだけ大変な思いをされて野菜を作っているのかということを実感しました。何事にも感謝する気持ちを忘れないようにしないといけない、ということをあらためて感じました」と語りました。

 さらに、プロジェクトのスタートを記念し、サプライズで浅田さんに農作業用のつなぎが贈呈されました。プロジェクトのロゴが入ったピンク色のつなぎを受け取った浅田さんは「すごい! これはもうユニフォームみたいなものですからね。フィギュアスケートでいうとコスチュームみたいなものなので、さらに(畑作業が)楽しみになりました」と満面の笑みを見せました。

 そして、つなぎに着替えて再登場した浅田さんは、堆肥作りにチャレンジ。「畑作業って、とってもトレーニングになるんですよ! 私は農業トレーニング、“農トレ“と言っています」と明かし、スコップを使って土を混ぜたり、100kg近くあるという堆肥の入ったコンポスターを回転させたりという作業をこなしました。

 イベント後の会見で、今後の夢を聞かれた浅田さんは「スケートでは、自分の過去を超えていけるように。そして、自分のスケートリンクを作りたいという夢に向かって進んでいきたいです」と回答。そして、「50歳の時にどんな女性になっていたいか」という質問には、「さすがに滑ってはいないと思います(笑)。今はスケーターに軸がありますが、50歳になったら畑(作業)が(生活の)ベースになっているんじゃないかな」と展望を語りました。最後は「アルソアさんの夢、皆さんの夢、私の夢に向かって頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!」とメッセージをおくりました。

 「アルソア ドリーム プロジェクト」の活動は、特設サイト(https://www.arsoa.co.jp/dreamproject/)で順次公開予定。浅田さんの新たな夢への挑戦を応援しましょう!

キーワード

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.