Feature 特集

KAT-TUNが新番組「KAT-TUNの食宝ゲッットゥーン」で若手ディレクターと全国各地へ! 亀梨和也「この番組に関しては“げめなしかずや”で…(笑)」2021/04/22

 4月22日にスタートする「KAT-TUNの食宝ゲッットゥーン」(TBSほか)。人生で一度は食べてみたいお宝食材=食宝を、今年15周年を迎え幾多の番組経験を積んだKAT-TUNのメンバーがGETを目指すグルメドキュメントバラエティーです。食宝とは一体何で、どこで手に入るのか。どんな環境で育まれどんな味なのかを、若手ディレクターとタッグを組んでKAT-TUNが全国各地に出動し解き明かします。

 本番組では3チームに分かれてロケを敢行。番組初回のロケで、亀梨和也は元野球部の“ぐっち”と元ソフトボール部の“ぶんちゃん”のディレクターコンビと共に、天皇陛下が正月に食すというニホンキジを目指して鹿児島へ向かいます。そして上田竜也は、女性ディレクター“さえちゃん”と“ななちゃん”と、世界一の猟師がとる鹿肉を目指して三重県に。中丸雄一は、新人ディレクターの“むぎ”と、千年に一度しか捕れないといわれている伝説の魚・センネンダイを目指して奄美大島へ向かいます。

 今回は初回収録を終えた3人を直撃し、ロケやお互いのチームの印象、また本番組への意気込みを語っていただきました。

――収録お疲れさまでした! あらためてご自身のロケの感想をお伺いしたいです。

中丸 「僕のチームは新人ディレクターさんというのと番組も初回ということで、予定調和というよりは次どうなるか分からない感じがあって好きです。今後もそのへんを楽しみながらやっていきたいなと思いました」

亀梨 「僕はニホンキジの養殖場にお邪魔させていただいたのですが、食べ物をいただくまでの流れをあらためて学ばせていただき、実際に食宝の素晴らしさも学ばせていただきました。チームとしては、どうやってディレクターさんの魅力を引き立たせることができるかを考えながら、自分がいい意味で遊びが持てるようにやっていきたいなと思っています」

上田 「俺はニホンジカを捕まえるというロケだったのですが、食べ物や生き物に対するありがたさを深く感じましたし、自分の価値観が変わることで成長できたロケだったと思います。チームとしては、女の子2人のディレクターさんなので、普段と勝手も違って、いろいろなことを学ばせていただきました。今後も楽しくやっていけたらなと思います」

――VTRではいつもと違う一面が見られて楽しく拝見していました。亀梨さんのチームは元野球部のディレクターと一緒ということで、キャッチボールができたらという話も出ていましたね。

亀梨 「いつかロケでそういうネタを仕込めたらいいなと思いますね!」

――中丸さんは、ディレクターデビューの新人ディレクターさんと一緒にロケに行かれたとお伺いしています。どちらかと言えば中丸さんが引っ張っていくような感じなのでしょうか?

中丸 「いやいや! VTRはやっぱりディレクターさんが責任を持って作る物なので、年下ではありますが、頑張って引っ張って行ってもらいたいです!」

――VTRでも名言が出ていましたね!

中丸 「『ディレクターさんは決断を迫られる場面が多いよ』って話したところですね。あれは、ずっとふわふわした感じでロケが進んでいたので…(笑)」

亀梨 「初回だから中丸くんも決断してあげてよ!」

中丸 「ベースができるまでは僕もサポートできたらなと思います!」

――今回はチームカラーがあるんですよね! 中丸さんチームは“赤”、上田さんは“青”、亀梨さんは“黄”ということですが…。

亀梨 「そうなんです。でも、なぜその色の振り分けなのかは謎で…(笑)」

上田 「俺はメンバーカラーの青だったので、2人もピンクと紫なのかと思ったんだけど違ったんだよね」

亀梨 「(スタッフに)どういう振り分けなんですか?」

スタッフ 「分かりやすさです!(笑)」

一同 「(笑)」

亀梨 「中丸くんの赤はどういう意味?」

中丸 「止まれってことでしょ!」

亀梨 「黄色は? 注意しろってこと?」

中丸 「そう!」

上田 「え、俺は?」

中丸 「GO!(笑)」

――タイトルもすごくキャッチーですが、最初に聞いた時の印象はどうでしたか? タイトルにちなんだポーズもやってらっしゃいましたね!

上田 「本当に申し訳ないんだけど、最初は『ダセェな!』って思いました。ロケ先のお土産屋さんで番組名を聞かれた時に恥ずかしくて言えなかったよ…(笑)。でもポーズと一緒にやったら少しは慣れてきたかな」

亀梨 「ポーズは僕がさっき適当に決めただけなので、変わる可能性もありますけど…。タイトルに関しては、KAT-TUNってメンバーの頭文字で成り立っているのですが、GET-TUNになっているので、この番組に関しては“げめなしかずや”でいこうかなと思ってます!(笑)」

一同 「(爆笑)」

中丸 「僕は結構このタイトル気に入っています! 早く浸透させたいですし、半年後くらいには『ゲッットゥーン見てます!』ってジェスチャー付きで言ってもらえたらうれしいです」

――各チームそれぞれの色が出ていましたが、お互いのチームの強みとかは感じられていますか?

亀梨 「それぞれのディレクターさんとの相性が色濃く出ていますね。中丸くんのところは、中丸くんをイジるような編集の仕上がりになっているし、僕のチームは間違いがない真面目なチームだと思うので、なるべく僕が無駄なことをしていこうとあらためて思いました。上田くんのチームは女性2人だしね」

中丸 「上田チームいいなぁ…」

亀梨 「ずっと上田くんの意外な一面が出ているよね」

中丸 「女性の目線で作っているから、ほんわかしている気もする」

上田 「そうだね! 亀梨くんのところは無駄なところは省いていて、これが“食宝ゲッットゥーンです”っていうのが全面に出てる。亀がいろいろ遊ぶって言ってたけどカットされないか心配(笑)」

亀梨 「情報番組っぽい要素が強いけど、それがディレクターのぐっちとぶんちゃんの伸びしろならそこをしっかり引っ張っていきたいな」

上田 「中丸くんのところは、ディレクターのむぎとのやり合いが、今後エンターテインメントとしてどうなっていくのか楽しみですね」

亀梨 「中丸くんの目をアップにするところとか、初回にして完全に中丸くんを分かってるよね」

上田 「こいつ怖いやつだぞってね!」

亀梨 「目がギンギンだったもん! よくあのカット使ったよ(笑)」

――メンバーから見てもお互いのいいところが出てるという感じが伝わっているんですね! ちなみに、皆さんが今まで食べたことがある食材の中で一番の食宝は何ですか?

中丸 「僕はクエです。半年前くらいに別番組でいただいたのですが、センネンダイと同じくらいの感動がありました。個体数がとっても少ないらしくて、地元の人もなかなか食べられないらしいんです」

亀梨 「僕は思い出込みでうなぎです。昔、全然レッスンに行ってなかった頃にジャニーさんに急に呼ばれて、2人きりでお店に行って『食べちゃいなよ!』って言われて出てきたのがうな重だったんです。それが人生初めてのうな重で、そういうシチュエーションだったこともあり余計に印象に残っています」

上田 「俺もジャニーさんつながりでステーキかな。世界一おいしいステーキって言われてごちそうしてもらったお店があって…」

亀梨 「そこは僕と中丸くんも連れて行ってもらったよね。本当においしかった! 当時は10代だったんですが、後々世の中にはいろいろなステーキがあるというのを知って『ヘイ、ジャニー!』って感じでした(笑)。そういうのも込みで良い思い出です」

【番組情報】

「KAT-TUNの食宝ゲッットゥーン」
4月22日スタート
TBSほか 
木曜 深夜0:58〜1:28 

TBS担当 A・M

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.