Feature 特集

柿澤勇人、撮影前に歌唱・発声を猛特訓。藤山一郎がモデルの「エール」山藤太郎役を好演2020/05/18

 連続テレビ小説「エール」(NHK総合ほか)の第8週・第36回(5月18日放送)で、なかなか作曲できない古山裕一(窪田正孝)が、コロンブスレコードで廿日市誉(古田新太)に平謝りしていましたが、その時にレコーディングブースで「丘を越えて」を明るく爽やかに歌っていた歌手・山藤太郎に心を奪われた方も多いのではないでしょうか。演じるのは柿澤勇人さん。俳優としてはもちろん、ミュージカル俳優としても活躍されているので、歌声がすてきなのは当然といえば当然ですね。

 今回、朝ドラ初出演となる柿澤さんが演じる山藤は、「丘を越えて」を歌っていることから分かるように、昭和の国民的歌手・藤山一郎さんがモデルとなっています。そのことについて柿澤さんは「まさか自分がそのような偉大な方を演じるとは思ってもなく驚きました。『丘を越えて』や『長崎の鐘』を歌うにあたり、撮影に入るまでに何度も藤山さんの歌唱や発声を勉強して現場に臨みました」と撮影中のエピソードを告白。また、窪田さんとの共演に対して「窪田さんとは数年ぶりの共演ですが、窪田さんがいるだけで現場の雰囲気が温かく、和やかになるのがとても印象的でした。古山裕一に少しでもいい影響を及ぼせるよう、そして作品に貢献できるよう、努めたいと思います」とコメントされました。

 柿澤さんは、第8週・第37回(5月19日放送)でも登場。レコード会社のサロンで早稲田大学の応援歌「紺碧(こんぺき)の空」の構想を練る裕一に、木枯正人(野田洋二郎)が山藤を紹介するのですが、その時にある事実が発覚。それを聞いた裕一は…。

 後に裕一が作曲する「長崎の鐘」を歌うことになる山藤。その時にはどんな歌声を聞かせてくれるのでしょうか。今後も目が離せません。

【番組情報】 

連続テレビ小説「エール」 
NHK総合 月~土曜 午前8:00~8:15ほか 
NHK BSプレミアム・BS4K 月~土曜 午前7:30~7:45ほか 
※土曜は1週間の振り返り。

NHK担当 K・H

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.