Feature 特集

“D推し”なマンション「D-color」物件発表会に髙橋大輔選手が登場!【前編】2019/01/17

KISS&CRY

 スカイコート株式会社の創立50周年プロジェクトとして、髙橋大輔選手がマンションを1棟丸ごとトータルコーディネートするプロジェクト「D-color」。プロジェクトがスタートしてから約1年が経った2019年1月12日、東京プリンスホテルで物件発表会が行われ、情熱とこだわりが詰まったマンションの全容を髙橋選手自身が紹介しました。その模様を2回に分けてリポートします!

KISS&CRY

 司会はアイスショーのMCなどでもおなじみの蒲田健さん。クイーンの名曲「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」の音楽をバックに、スーツ姿の髙橋選手がさっそうと登場!

蒲田 「何よりも、“髙橋大輔選手”とご紹介できるのが本当に感無量という気がします。まずは『第87回全日本フィギュアスケート選手権』準優勝、おめでとうございます」

髙橋 「ありがとうございます」

蒲田 「昨年の7月に現役復帰を発表。このニュースにも本当に驚かされましたが、その後、12月に見事に全日本選手権の表彰台に上がった」

髙橋 「7月1日に発表した時には、表彰台に上がれるなんて思っていませんでした」

蒲田 「本当に“できる子”ですね!(笑)」

髙橋 「最高の目標を達成できたのかな、と思います」

蒲田 「全日本(選手権)の後、マスコミの皆さんの前で(髙橋選手が)話すというのはおそらく初めてだと思います。あらためて、大会を終えた今のお気持ちを聞かせてください」

髙橋 「まずは皆さん、明けましておめでとうございます。全日本ではたくさんの方に応援していただきました。最初の試合(近畿ブロック大会)から3試合しか出ていませんが、なかなかうまくいかない中でも、すごく温かく見守ってくださって、その中で皆さんに演技で恩返しできた時もあれば、できなかった時もありました。全日本のフリーは本当に悔しい出来でしたが、それでも“あの場で戦えた”ことをすごく感謝しています。現役復帰してから全日本が終わるまでの期間、本当に充実した期間を過ごさせていただきました」

KISS&CRY

蒲田 「スカイコート株式会社創立50周年プロジェクト『D-color』のトータルコーディネーターに就任されたのは、ちょうど1年前でした。名刺も作られたんですよね?」

髙橋 「はい、そうなんです(笑)」

KISS&CRY
KISS&CRY

蒲田 「まだマンションの完成形はご覧になっていないそうですね」

髙橋 「まだ(外観がシートで)囲われている状況なので。3月中旬には取れるということなので、その時に見られると思います」

蒲田 「昨年の1月から『D-color』がスタートし、7月に現役復帰。やるべき大きなミッション二つを同時並行でこなすのは、大変なことだったと思います」

髙橋 「プロジェクトのお話をいただいた時は、現役復帰という気持ちは全くありませんでした。これ(『D-color』)をしている中での現役復帰ということで、スカイコートさんには本当にご迷惑をおかけしましたが、練習ができるようにサポートしていただきました。本当に感謝しかありません」

蒲田 「スカイコートさんは、一緒に夢に向かって歩むファミリーのようですね」

髙橋 「長い期間、仕事でもスケートでも支援していただいていますので、ファミリーだと思っています」

ページ: 1 2

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.