Feature 特集

「麒麟がくる」8月30日の再開前に振り返り! 総集編第2弾のキーパーソンは?2020/08/15

 大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合ほか)の8月30日放送再開にあたり、8月9日からカウントダウン方式で総集編を放送中。8月13日に放送される総集編の第2弾では、信長と帰蝶が結婚してからの出来事が描かれます。今回は、総集編第2弾のキーパーソンと、独断と偏見で記者がもう一度見たい場面をご紹介します!

①物語の主人公・明智十兵衛こと光秀(長谷川博己)

 当たり前といえば当たり前ですね。この人なくして語れません。総集編第2弾では、人質交換によって、後に徳川家康となる竹千代(岩田琉聖)を織田方から手に入れた駿河の今川義元(片岡愛之助)が尾張に攻め込みます。尾張と同盟関係を結んだ美濃の斎藤利政こと道三(本木雅弘)が援軍要請を拒否したことで窮地に立たされた帰蝶(川口春奈)を救うため、将軍・足利義輝(向井理)に直訴する光秀。どうにか回避したかと思ったら、今度は道三と嫡男の高政(伊藤英明)の対立が激化するのです。毎回、苦境に立たされて困る光秀。自ら進んで苦労を背負ってしまう人のような気もします。そして熙子(木村文乃)との結婚シーンも結構さらりと終わったのが印象的でしたが、総集編はどのようになるのでしょうか。

②絶対に外せない! 無邪気と狂気を併せ持つ織田信長(染谷将太)

 帰蝶との祝言をすっぽかした信長。それだけでもなかなかの変わり者ですが、父・織田信秀(高橋克典)と母・土田御前(檀れい)への婚儀のあいさつの折、松平広忠(浅利陽介)の首を引き出物と称して渡したところなどは、信長の恐ろしさの一端を見た気がしました。ただ両親に喜んでもらいたかった信長でしたが、その思いは伝わらず、怒られてしまいます。そんな信長を、帰蝶は変わった人だと思いながらも次第に心を通わせていきます。また、光秀と対面した際に「どこぞで会うたことがあるな」と、海辺で会ったことを思い出したシーンでも、信長のすごさを感じることができました。個人的には道三との対面シーンを再び希望しています。

③信長もいいなり!? 肝が据わったまむしの娘・帰蝶(川口春奈)

 祝言をすっぽかされてもそこまで腹を立てるでもなく、冷静に織田家の親子関係を見詰める帰蝶。また、道三が今川軍に攻め込まれた織田軍へ援軍を出さないと知った時も、己の運命を嘆くのではなく、どうしたら回避できるかと思案する落ち着きぶりでした。さらには、織田家の重要拠点である末盛城を信長の弟・信勝(木村了)に委ねるという言葉を父・信秀から聞いて、失望で怒り狂う信長を見た帰蝶が、病床の信秀から真意を聞き出します。そして、それを信長に「良いところも悪いところも自分に似ていてかわいい。終わりを任せる」と言われたと伝えるのです。「え? 本当にそんなこと言った?」と思いませんでしたか? きっとそんなこと言ってないですよね? でもそれは、帰蝶の優しさだったのだと、記者は思いたいです。。

④息子・高政との対立激化! 斎藤利政こと道三(本木雅弘)

 そもそもうまくいっていませんでしたが、回を追うごとに高政と道三の親子関係が亀裂が入りまくり、これ以上ないくらいに悪化の一途をたどっていきます。また、道三が土岐頼芸(尾美としのり)からタカを使って暗殺されそうになり、激高していたシーンはものすごい迫力でした。一方、光秀につれなくされてちょっと焦ったり、信長と対面する前に廃屋でこっそり信長を見ようとするところは、マムシらしからぬかわいらしさが垣間見えたりもしました。記者のこれまでの道三像はこの「麒麟がくる」で大きく覆され、とても印象深いです。もしかしたら総集編第3弾になるのかもしれませんが、高政との壮大な親子戦争をもう一度見たいです!

 思いっきり王道のキャストと偏ったエピソード愛ですみません! しかも、記者の独断と偏見で選んだものなので、これらの場面が8月16日の総集編で必ず見られるという保証はありません。皆さんもそれぞれお気に入りのシーンが放送されることを期待しながら、総集編を楽しんでいただければと思います!

【番組情報】

「麒麟がくる」まであと2週! これまでの名場面すべて見せます 総集編(2)動乱 
NHK総合 日曜 午後8:00~8:45ほか 
NHK BS4K 日曜 午前9:00~9:45ほか 
NHK BSプレミアム 日曜 午後6:00~6:45

NHK担当 K・H

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.