Feature 特集

超特急の新曲「Dear My グッバイ」が“8号車の日”に配信スタート!2020/08/05

 ファンを“8号車”と呼ぶ超特急が大事にしている8月8日に、8時間の特番を放送! 番組テーマソングとなる新曲「Dear My グッバイ」にかけ、自分のグッバイしたいところは…?

── タイトルや歌詞からは想像もつかないような楽曲ですね。

ユーキ 「新曲の候補から、メンバーで話し合って選んだのがこの曲でした」

カイ 「ダントツで1発目のインパクトが強い曲でした。みんな、候補の一つに入れていましたね」

リョウガ 「デモテープの時点で歌詞も面白かったんです。アイドルソングみたいな…」

ユーキ 「タイトルも女子アイドルっぽくてね」

リョウガ 「そう。歌詞が『いちご、メロン~♪』みたいな(笑)。そういう曲を選んだはいいけど、“俺たちは何を目指してるんだ”ってなって(笑)」

ユーキ 「それで、歌詞もみんなで話し合って、『ギャップがある方がいいね』ということで、こういう形になりました」

タカシ 「ポップなのに歌詞は今の時代のこととか、核心を突いたような内容で、これは歌いがいがありそうだなと思いました」

タクヤ 「ギャップにも僕たちらしさが詰まっていて、すてきな曲になっていると思います」

ユーキ 「パフォーマンスも、今までやっていないだろうというところを攻めています。久々に振り切った曲をやれるので楽しみです」

── タカシさんはどういうテンションで歌ったのですか?

タクヤ 「難しそうだよね(笑)」

タカシ 「もう、曲の感じと詞の感じをぐちゃぐちゃにしたいと思って。聞いてくれる方に『この人どっちの気持ちなん?』って思ってほしくて。このギャップをあえて使った方が僕たちっぽいかなと思いながら、とにかく明るく歌いました。昔のアイドルさんの歌い方をちょっと意識して、言葉の頭を強くしたり」

── 聞いていて“あえて明るく振る舞っている”ような印象も受けました。

タカシ 「確かに、そういう“強がり”みたいな部分もありますね。めっちゃ明るい時と、強がっている時と。その違いを出すのが難しかったです」

── では曲タイトルにちなみまして、“グッバイ”したい自分の弱点を教えてください。

カイ 「外出自粛期間中、自分の趣味の時間があるのが当たり前になっちゃって。だから仕事が始まっても、自分の時間を取りたくなるんですよ」

リョウガ 「あー、分かる」

カイ 「それで寝るのが遅くなってしまうから、夜更かししちゃう自分にグッバイしたいですね」

リョウガ 「僕は“ガリガリ担当”なんですけど、最近ちょっと体重が増えてきて、どんどん自分の最高体重を更新しつつあって。ガリガリ担当からグッバイしちゃうんじゃないかなって」

カイ 「本当の意味での“ガリガリグッバイ”(笑)」

リョウガ 「誠の意味の(笑)。ついた脂肪にグッバイしたいです」

タクヤ 「僕は、リョウガの話に通じるかもしれないけど、“筋肉担当”にグッバイしたい(笑)」

リョウガ 「問題発言(笑)! じゃあ何担当になりたいの?」

タクヤ 「“美担当”かな。自分で言うのもなんだけど」

ユーキ 「でも“美担当”になったら『どんなコスメ使ってるんですか?』って言われるよ」

タクヤ 「それも大変か(笑)」

タカシ 「僕は湿気とグッバイしたいですね。家の湿気がすごいんですよ。外出して帰ってきた時がヤバい」

カイ 「地下に住んでんの(笑)?」

リョウガ 「鍾乳洞に?」

タカシ 「まじで近いうち鍾乳洞できると思う」

ユーキ 「僕は怖がりな自分とグッバイしたいかな。怖い系の動画とかは見るんですけど。興味はんいで」

カイ 「興味“本位”ね」

リョウガ 「はんいって(笑)!」

タカシ 「興味の範囲には入ってるけど」

タクヤ 「そんなにみんなでツッコまなくても…(笑)」

── では最後に、8月8日放送の特別番組のお話を。

カイ 「やっぱり目玉は大規模な生ライブですね!」

タカシ 「生配信ライブって需要が高まってるから、今のうちに感覚をつかんでおきたいところではあるよね」

ユーキ 「今回は演出とかライティング含めて、本当にガチのライブっていう感じになるかなと」

カイ 「立派な会場でやるしね」

ユーキ 「思い出のある場所なので楽しみです!」

【 OUR『ベストパフォーマンス 超特急』MUSIC 】

タカシ 「『Party Maker』かな。毎回、記憶がないぐらい入り込んでやっています」

カイ 「曲も演出もゴリゴリなのに…」

タクヤ 「服をめくると真っ白な幼児体形が出てきて面白いんだよな(笑)」

ユーキ 「次はもう仕上げてくるんでしょ(笑)?」

タカシ 「服を破くところだけ焼いておこうかな(笑)」

ユーキ 「僕は『Beautiful Chaser』。マーティー・フリードマンさんのギターと披露したライブはめちゃくちゃ気持ちよかったですね。憑依できたなって」

カイ 「僕はユーキが振り付けた『need you』。『MAMA2018』で『Favorite Dance Artist Japan』を受賞した時に踊ったんですけど、1曲だけなのに、めちゃくちゃ疲れて。それぐらい気合が入ってたと思います」

リョウガ 「選び難いけど…さいたまスーパーアリーナでやった『霖雨』。僕のピアノでメンバーが1人1人踊るという演出なんですけど、映像であらためて見ると、心にしみて。僕のピアノとタカシの歌でメンバーが踊るのが感慨深くて、心に残っています」

タクヤ 「僕は『On&On』。歌詞の内容も、すごく自信に満ちあふれてる感が好きなんです。パフォーマンス中もすごく気持ちよく踊れますね」

【プロフィール】

超特急

2012年6月にメインダンサー&バックボーカルグループとしてCDデビュー。今年6月には新体制初のシングル「Stand up」をリリースした。タカシは本名の松尾太陽として、9月2日にミニアルバム「うたうたい」でソロデビュー。メンバーはそれぞれ俳優としても活動中。

カイ

1994年9月27日、神奈川生まれ。天秤座。O型。

リョウガ

1994年10月23日、神奈川生まれ。天秤座。O型。

タクヤ

1994年11月24日、東京生まれ。射手座。A型。

ユーキ

1995年1月2日、徳島生まれ。山羊座。AB型。

タカシ

1996年9月23日、大阪生まれ。天秤座。A型。

【リリース情報】

デジタルシングル「Dear My グッバイ」 
8月8日配信開始 SDR

8月8日の“8号車の日”を記念してWOWOWライブで放送される8時間の特別番組「超特急 BULLET TRAIN 8th Anniversary Special『超フェス2020』」のテーマソング。8号車(超特急ファン)への感謝や未来への希望を歌った、ポジティブなナンバーとなっている。

【プレゼント】

サイン入り生写真を3名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/news/present/
(応募期間:2020年8月5日正午~8月12日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」8月14日号(P106)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

取材・文/高瀬純 撮影/山本絢子 
ヘア&メーク/杉野智行、青山佑綺子

キーワード

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.