Feature 特集

三浦春馬「TWO WEEKS」アジアキャンペーンへ!稲垣来泉との心温まるエピソードも披露2019/09/04

 物語も佳境に入り、毎回緊迫した逃亡劇が続いている「TWO WEEKS」(フジテレビ系=関西テレビ制作)。先日放送された第8話の最後では、柴崎要(高嶋政伸)と久我早穂子(黒木瞳)がつながっているという証拠の映像データを盗むために、結城大地(三浦春馬)が柴崎邸に侵入し、柴崎に見つかってしまうというところで終了しました。

 次回以降の展開についても非常に気になる「TWO WEEKS」ですが、先日、主演の三浦さんが韓国、台湾と2日間に及ぶアジアキャンペーンに出席されました。今回のコラムではその模様をドドン!と紹介したいと思います!!

 アジアキャンペーン初日は、今年で14回目を迎える国際テレビフェスティバル「ソウルドラマアワード2019」に参加するために韓国・ソウルへ。今回は世界61カ国から270作品が出品され、授賞式ではアジアで精力的に活躍し、大きな影響力を持つ俳優に与えられる「アジアスター賞」を三浦さんが受賞されました。舞台に登壇した三浦さんは、「このような素晴らしい賞をいただき、大変光栄です。これまで私を支えてくれたすべてのスタッフ、そして応援してくれるファンの皆さんに感謝します。俳優としてアジアで活動するなかで、私はその国ごとの美しい文化や人の優しさに触れてきました。エンターテインメントには、スポーツのように国境を越えて人々を結びつけ、興奮を生み出す力があります。私は自分の活動を通じて、アジアの国々の絆を強める役割を担い続けられたらと願っています。このような賞をいただき、今日この場に立たせていただいたことで、私はより一層韓国の皆さんへの敬意と愛情を持ちました。本当にありがとうございました」と英語でスピーチされました。

 キャンペーン2日目は台湾に移動し、記者会見に出席。台湾でも本作は放送されていて、会見には32社ものメディアが出席。会見の冒頭流ちょうな台湾語であいさつをされた後、質問に回答。結城の娘・青柳はな役の稲垣来泉ちゃんのことに話題が及ぶと、「台湾での娘のお土産を何にしようかと思っているのですが、何がいいですか?」と記者に逆質問し、娘を溺愛するお父さんの姿を見せました。

【番組情報】 

「TWO WEEKS」 
フジテレビ系 
火曜 午後9:00~9:54

フジテレビ担当 H・A

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.