Feature 特集

ダークヒーローの二宮和也は最高にクール!「ブラックペアン」は医師のキャラにも注目2018/04/19

 海堂尊さん原作の「ブラックペアン」(TBS系)が、4月22日にいよいよスタート! “患者を生かし、医者を殺す”と評される孤高の天才外科医・渡海征司郎を二宮和也さんが演じます。記者は第1話を先に試写したのですが、冷たい視線とキツめの言葉、そして絶対に患者を助ける確かな腕。…二宮さんのダークヒーローっぷりは最高にクール!! 先日行われた舞台あいさつでは、二宮さん、竹内涼真さん、葵わかなさん、加藤綾子さん、加藤浩次さん、小泉孝太郎さん、内野聖陽さんが登壇されたのですが、共演者の方々からも、「渡海はかっこいい!」と太鼓判を押されていました。

 劇中では、渡海が研修医の世良雅志(竹内涼真)に、「邪魔」と言い放つなど、ほかの医師を鋭く責め立てるシーンが多数。しかし、「意外と心地よかった(笑)」という竹内さん。対立関係にある外科医・高階権太を演じる小泉さんも、「二宮くんの言葉が突き刺さっている。心がズタボロです(笑)」と、ドラマを離れてもなお影響を受けていることを明かしていました。

 同作には、手術成功率100%の“オペ室の悪魔”渡海、“神の手”を持つ教授・佐伯清剛(内野聖陽)、最新の医療器具・スナイプで革命を起こそうと奮起する高階、一生懸命患者と向き合う研修医・世良など、キャラクターの違う医師が多く登場。舞台あいさつでは、実在するならどの医師に診てもらいたいかという質問が飛びました。二宮さんは「佐伯さん。渡海は冷たすぎる(笑)」ときっぱり。それに対して、新米看護師・花房美和役の葵さんは、「でも、佐伯先生は順番待ちがすごいんですよ…!(笑)」と現実的な考察を!? 少し悩んだ葵さんでしたが、「渡海先生かな。冷たくても絶対に助かるので」と迷いながらも選択されていました。秀逸だったのは小泉さんの、「麻酔が効くまでは竹内くん(世良)。手術台に乗ってからは二宮くん(渡海)」という答え。これには、全員納得の面持ちです。手術以外では関わりを持ちたくないと思わせる渡海は、一体何者…!? ぜひドラマを見て、それぞれのキャラクターをつかんでみてくださいね。初回は25分拡大版! 最初からドキドキの展開が続きますよ。ぜひ、お見逃しなく。

【番組情報】

「ブラックペアン」 
4月22日スタート 
TBS系 
日曜 午後9:00~9:54(初回は、午後9:00~10:19)

TBS担当 Y・T

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.