Feature 特集

岡田健史が妖怪と一緒に踊る!「大江戸もののけ音頭」が公開中!!2020/07/17

 NHK BSプレミアムでは、7月17日から特集ドラマ「大江戸もののけ物語」がスタートします。旗本の次男坊・新海一馬(岡田健史)と謎の妖怪・天の邪鬼(本郷奏多)がバディを組み、江戸で起きるさまざまな問題を、仲間の妖怪たちと共に力を合わせて解決する、笑いと感動の新感覚の妖怪ファンタジー時代劇です。

 寺子屋で師匠を務める一馬は、気が弱いが心優しい旗本の次男坊。わんぱくな子どもたちに手を焼きながらも、気が強くておてんばなお雛(平尾菜々花)に助けられながら、寺子屋稼業に勤しむ毎日。ある日、お雛に渡された“まが玉”を手にすると目の前に突如、妖怪・天の邪鬼が現れるのです。

 放送に先立って、このほどドラマのエンディング映像が公開されました。エンディングテーマは、つるの剛士さんと平尾さんが歌うオリジナル曲「大江戸もののけ音頭」。一馬、お雛と一緒に作中にも登場する猫又(森川葵)や河童(青山美郷)が明るく楽しく踊る映像になっております。

 お雛のダンスや陽気な曲につられてたまらず踊りだす一馬のかわいさもさることながら、一番目を引くのは特殊メークに身を包んだ青山さんが演じる河童。本物の妖怪が出てきたのではないかと思うような不気味さ漂う姿に驚かされました。これから毎週どんな妖怪が出てくるか、期待が膨らみます。

 注目の第1話。剣術が不得意、師匠を務める寺子屋でも子どもたちに手を焼く日々を過ごす一馬の楽しみは、幼き頃に出会った妖怪の研究でした。ある日、一馬は廃屋の中で教え子のお雛が土器に話しかけている姿を目撃。一馬がお雛に渡された“まが玉”を手にすると、天の邪鬼と名乗る妖怪が土器から現れます。お雛は天の邪鬼に「死んだ母に会わせてほしい」と頼みますが…。「大江戸もののけ物語」、ぜひご覧ください。

【番組情報】

特集ドラマ「大江戸もののけ物語」 
7月17日スタート 
NHK BSプレミアム 
金曜 午後8:00~午後9:00

NHK担当 S・A

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.