Feature 特集

本田響矢&鈴木康介「お互いが思い合っているそのままの姿を演じました」。弟役・森愁斗のエピソードも――オリジナルBLドラマ「ジャックフロスト」インタビュー2023/03/09

 本田響矢さんと鈴木康介さんがダブル主演を務める連続ドラマ「ジャックフロスト」がMBSほかにて絶賛放送中です。本作は多種多様なBLドラマを提供してきたMBSドラマシャワーと、大人気BLコミックと小説を刊行するKADOKAWAがタッグを組んだプロジェクトの第6弾で、ドラマシャワー枠初の完全オリジナル作品です。

 イラスレーターの奥沢律(本田)と営業マンの池上郁哉(鈴木)は恋に落ち、幸せな同棲生活を送っていましたが、ある冬の日にけんかをして家を出た律がアクシデントに巻き込まれ、郁哉の記憶だけを失ってしまいます。2人の関係性をゼロからやり直したいという思いから、郁哉は律に付き合っていた事実を伏せて共同生活を再開。ここから交際の軌跡をたどる“旅”が始まります。冬の東京を舞台に、記憶を巡って心を揺らす両片思いの物語に注目です。

 ここでは、恋人の記憶を失ったイラストレーター・律を演じる本田響矢さんと、律の愛を取り戻すためにうそをついてしまう恋人・郁哉を演じる鈴木康介さんにインタビュー。「ジャックフロスト」を楽しむポイントやお互いの印象などについて語っていただきました。

――ドラマシャワー枠初のオリジナル作品ということですが、脚本を読んでみた感想はいかがでしたか。

本田 「今までに経験したことがない“記憶喪失の人間”を演じるということが自分の中で大きな課題でしたので、いろいろと勉強をさせていただきました。郁哉の記憶だけがなくなってしまうという特殊な感覚を監督と細かく打ち合わせをしながら作り上げていきました」

鈴木 「律も郁哉もお互いが好きなのに好きだと言い出せないという、切なくてもどかしい両片思いの物語でキュンとしてしまいました」

――SNSで世界各国のファンからも親しまれている様子が伺えますが、コメントをご覧になられていかがですか。

本田 「今回は原作がないオリジナルということにもかかわらずたくさんの方々からご声援をいただき、驚きもありうれしくもありました。期待に応えられていたらいいなと思っています」

鈴木 「素晴らしい作品をたくさん残しているドラマシャワーファンの方々からのご声援は、プレッシャーもありつつうれしさもいっぱいでした。すてきな律と郁哉を世界中にお届けしたいです」

――本田さんにとって、奥沢律とはどういう存在でしょうか。

本田 「僕は誰よりも律を愛している自信があります。第一印象だと“律は子どもっぽい”というイメージがあると思いますが、実際に演じてみると、考え方も含めて大人だろうなと気づくところがありました。想像していたよりも心が広く、それに加えてイラストレーターで芸術的なところがあり、こだわりも強く、魅力的な面がたくさんある繊細な男性です」

――鈴木さんにとって池上郁哉はどんな存在でしょうか。

鈴木 「優しくて面倒見が良く、料理も上手ですべてが完璧に見えますが、律のことが好き過ぎて独占欲が働いてしまい、自分のものにしたいがためにうそをついてしまったり、それを隠し通そうとしたり、そういうところは人間味があふれている男性です。“完璧で格好よく見えるけど、垣間見える泥くさい人間味”を表現できたらと意識をしながら演じました」

――実際演じてみて難しかったことや、楽しかったことなど印象に残っていることはありますか。

本田 「台本を読んでいる時に律がどんな気持ちになるのか想像をするのですが、その想像と全く違う感情になった時は不思議な気持ちと楽しい気持ちでいっぱいになりました。そして撮影が始まった瞬間、目の前にいる郁哉が本当に存在しているという湧き上がる思いや感情が素直に出ることが多かったので、監督やスタッフの皆さまにあらためて感謝をしています」

鈴木 「2人の生活を切り抜いた情景をナチュラルに演じました。料理や洗濯をするシーンが多い郁哉が家事をスムーズにこなせないと魅力的ではないと思い、慣れている感じを自然に出すため、ひたすら家事の練習を頑張りました。そこも注目してご鑑賞いただけるとうれしいです」

――本作を撮影する前と後で、お互いの印象の変化や逆に全然変わらないと思うところはありますか。

本田 「最初のイメージは色白でおしゃれな人だなという印象でした。お話をしてみると、物腰が柔らかく頼りになるようなお兄さん的存在で、イメージ通りでした。そういった部分では最初のイメージと変わらないすてきな方という印象です」

鈴木 「僕も響矢くんと同じで、最初はおしゃれで色白なイメージが強かったです。そしてクールな方なのかなと思っていたのですが、実際にお会いしたらおちゃめで面白く、打ち解けるのが早かったです。本作では洋服を脱いで体が出るシーンもあるため、弱音を一切吐かずにストイックに体づくりに取り組む響矢くんの姿を見てすごいと思いました

本田 「そう言われると少し恥ずかしいです(笑)。短い時間で可能な限りやっただけですので、そんなにすごいということはないんです」

鈴木 「あまり感情を出さないイメージだったので、役作りに対して必死にもがいている姿や頑張る過程を一番近くで見ていたら、“好き”から“大好き”になりました」

本田 「ありがとうございます!」

――お互いに演じてみて感じたことや刺激になったところなどはありますか。

本田 「律の視点になってしまいますが、『格好つけないで、できないところを見せてよね! 実は郁哉はかわいいんだから』と思いました」

鈴木 「響矢くんは“記憶を失った時の律”と“過去の律”を演じているので1人2役のような感覚があり、大変そうだなと思っていました。でもそれを1日でこなせていることに驚き、いい刺激になりました」

――お互いから見て役柄と共通しているなと思う部分はありますか。

鈴木 「響矢くんも律くんも上目遣いがうまいです。呼びかけた時に『ん?』という返事で律っぽさを感じてしまいます」

本田 「それ、律だけでなくて僕も?(笑)」

鈴木 「響矢くんも律も無邪気でかわいいところが似ていると思います」

――本田さんはどうですか。

本田 「“郁哉と律”の時も“康介くんと響矢”として立っている時も、言葉で伝えるのではなく横にいるから安心できる気持ちにさせてくれるのが、康介くんと郁哉が共通しているところです」

――郁哉は優しくて理想の彼氏でしょうか。

鈴木 「“彼氏にするなら律か郁哉か”が現場で話題になったのですが、意見は半々でした。だから皆さんにもどちら派かを聞きたいです」

本田 「最終回前ぐらいに公式SNSでアンケート企画をやってほしいですね(笑)」

――ご自身と自分の役の共通点はどこだと思いますか。

鈴木 「郁哉も律が好き過ぎて頼まれていないのにたくさん尽くすという、そういったどうしても面倒を見てしまう部分が自分と似ているなと思いました」

本田 「律は絵を描くのが好きだったり、ファッションや髪形にもこだわりが強く、そこが自分と共通しているなと思いました。実はこれを機にタブレットと専用のペンを買って絵を描き始めました。これからは趣味の一つにしていきたいです。昨晩も1人でベッドで描きながら寝てしまいました」

鈴木 「僕は律が描いた絵をスマートフォンのロック画面にしているんです」

本田 「劇中で絵を描いているシーンがあるのですが、形だけではなく本当に描いてみました。描いたイラストをロック画面用にサイズを整え、監督をはじめとしたスタッフの方々にも差し上げました。本作をきっかけに絵を描くことが好きになりました」

――律の弟役を演じた森愁斗さんの印象やエピソードがありましたらお願いします。

本田 「衣装を拝見させていただいた時に、兄である律の影響を受けたようなカラフルでおしゃれな服だったので『僕の弟かー』というのが第一印象です。きっとお兄ちゃんである律のセンスに引かれるものがあってカラフルな服を着ているのかな、という兄心のようなものが生まれました」

鈴木 「愁斗くんと僕の2人がコーヒーを飲んでいるシーンで、愁斗くんがコーヒーをこぼしてしまい、僕が『こぼすなよー(笑)』とふざけていたら、次のシーンで僕がこぼしてしまうという展開になり…少し恥ずかしかったです。その後、愁斗くんと2人で『人のことをいじったりすると自分に回ってくるよね』とひそかに盛り上がりました」

――3人でお話する機会はありましたか。

鈴木 「現場では3人で撮影というシーンがあまりなかったのですが、休憩中は3人で会話をする時間がありました。楽屋のベッドで3人で横になって一緒に寝ていました」

本田 「愁斗くんもおしゃれだし、康介くんも“服が好き”という共通点があるので、今後はそういった話も3人でできたらいいなと思っています」

鈴木 「愁斗くんとはお互いあまり着ないジャンルのお洋服のことも情報交換できたので楽しかったです。服の系統は3人とも違ってかぶらないし、次は3人で語り合いたいです」

――一緒に食事をするシーンが印象的ですが、もしお互い何か料理を振る舞うとしたら何を作りますか。

本田 「肉じゃがと卵焼きです。卵焼き作りにはかなりの自信があります。肉じゃがは砂糖とお酒を目分量で味見しながら調節するのですが、母が作るよりもおいしく作れる自信があるので康介くんに振る舞いたいです」

鈴木 「低温調理食材です。最近は低温調理器にハマっていて、ローストビーフや鶏ハムを作り、ワインソースも作って響矢くんに食べてほしいです。本作ではローストビーフが出てくるシーンがあり、そこでも本当に自分が作ったかのように演じてみました」

――今後、チャレンジしてみたいことや新たな発見があればお聞かせください。

本田 「記憶をなくすという経験がないので、どういった感覚なんだろうと考えながら演じました。自分の知らない世界感を自分のものにしていきながら、その感覚により近づけて演じられる役者になりたいです」

鈴木 「殺人鬼やサイコパスなどの濃い役を演じるよりも、郁哉のような癖のない普通の役を演じることの方が難しいと、あらためて感じました。すべての特徴を大きく演じてしまうと郁哉らしさがなくなってしまうので、安定感やナチュラルなお芝居を極めようと意識をして演じてみたら、とても楽しかったという発見がありました」

――ドラマの後半にかけての見どころを教えてください。

本田 「記憶を失ってしまった律を見た郁哉が、どう行動して、新たな恋がどのように描かれ物語が進んでいくのかというところはもちろん、その中で起きてしまうハプニングや、さまざまな登場人物が現れた時の2人の気持ちや行動を見ていただくと、より楽しめると思います」

鈴木 「物語が進むにつれスピード感が上がり、律と郁哉お互いの距離感が近くなっていきます。そこで起こるさまざまなトラブルや出来事も見どころの一つです。じっくりご鑑賞ください」

――最後に、視聴者の皆さまにメッセージをお願いします。

本田 「ドラマシャワー初のオリジナル作品ということで、チームみんなが一丸となり一つ一つのシーンを大切に作り上げた作品です。律と郁哉の行動や思考など、分かりやすいところから細かなところまで考察しながらお楽しみください」

鈴木 「みんなが楽しめる作品になっていると思います。BL作品を好きな方も、初めてご覧になる方も、たくさんの方々にときめきや切なさをお届けしたいです」

――ありがとうございました。

【プロフィール】

本田響矢(ほんだ きょうや)
1999年6月20日生まれ。福井県出身。2016年に「男子高生ミスターコン2016」でグランプリを受賞。その後、「星屑リベンジャーズ」(名古屋テレビ)、「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」(テレビ東京系)、「絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男」(CSテレ朝)、「ANIMALS-アニマルズ-」(ABEMA TV)、「青春シンデレラ」(ABCテレビ)、「正しい恋の始めかた」(テレビ朝日)などの作品に出演。


鈴木康介(すずき こうすけ)
1997年12月19日生まれ。愛知県出身。2019年に「白雪とオオカミくんには騙されない♥」(ABEMA TV)で注目を集め、21年に「ソロモンの偽証」(WOWOW)、22年に「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」(TBS系)、「彼女、お借りします」(テレビ朝日ほか)にレギュラー出演。23年には、「アカイリンゴ」(ABCテレビ)にレギュラー出演、「ジャックフロスト」(MBSほか)では連続ドラマ初主演を務め、舞台「ウィングレス(wingless)-翼を持たぬ天使-」の出演を控えるなど、俳優の幅を広げている。

【番組情報】

「ジャックフロスト」
MBSほか
木曜 深夜1:29~1:59(※第4話・5話のみ深夜1:34~2:04)
※地域によって放送日時は異なります
※MBS放送後、TVer、GYAO!にて1週間無料見逃し配信

【プレゼント】

サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

TVガイドweb公式Twitter @TVGweb (https://twitter.com/TVGweb)をフォローし、下記ツイートをリツイート。
https://twitter.com/TVGweb/status/1633756697058770951

【締切】2023年3月31日(金)正午

【注意事項】

※ご当選者さまの住所、転居先不明・長期不在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※当選で獲得された権利・賞品を第三者へ譲渡、または換金することはできません。
※賞品をオークションに出品する等の転売行為は禁止致します。また転売を目的としたご応募もご遠慮ください。これらの行為(転売を試みる行為を含みます)が発覚した場合、当選を取り消させていただくことがございます。賞品の転売により何らかのトラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いませんので、予めご了承ください。
※抽選、抽選結果に関するお問い合わせにはお答えできませんので予めご了承ください。

取材・文/山本恵代(TBS・MBS担当) 撮影/蓮尾美智子 ヘア&メーク/カスヤユウスケ(ADDICT_CASE)
(本田) スタイリスト/MASAYA(ADDICT_CASE)ニット ¥25,300 、その他スタイリスト私物(NKNIT/06-6262-9900)
(鈴木) スタイリスト/emi ito(ADDICT_CASE)ジャケット¥60,500、パンツ¥31,900、シャツ¥30,800/zucca(A-net Inc./03-5624-2626)
※価格はすべて税込



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.