Feature 特集

「ツギクル芸人グランプリ2022」決勝進出! Gパンパンダ・さんだる・ママタルトからコメントが到着2022/05/19

 日本音楽事業者協会とフジテレビがタッグを組んで開催する「ツギクル芸人グランプリ」。3回目となる今回は、5月21日に決勝の模様が生放送されます。

 決勝進出を決めたのは、キュウサスペンダーズさんだるGパンパンダ10億円ストレッチ-ズゼンモンキー竹内ズTCクラクションネギゴリラハナイチゴパンプキンポテトフライママタルト森本サイダーわらふぢなるおの15組。ザ・マミィ(第1回グランプリ)、金の国(第2回グランプリ)に続き、グランプリの座に輝くのは!?

 TVガイドwebでは、決勝に登場する15組のコメントを3組ずつ紹介。ここでは、Gパンパンダ、さんだる、ママタルトの意気込みを。2度目の決勝進出となる3組に、ぜひご注目ください!

Gパンパンダ(ワタナベエンターテインメント) ★2019年決勝進出

――決勝進出が決まった際の率直なお気持ちは?

一平 「とてもうれしいです! できるだけ多くの方に、今のGパンパンダのコントを見ていただきたいので、この時間帯にコントができることが喜びです!!」

星野光樹 「ありがたい!! 2019年のリベンジをします!」

――自分たちの強みなど、アピールポイントは?

一平 「全出場者の中で、一番ネタ合わせで笑っているコンビ!!」

星野光樹 「一平の実話をもとにしたコント」

――もし優勝したら、次にチャレンジしたいことは何ですか?

一平 「しっかりとした単独ライブ」

星野光樹 「増量して、パワー系コント師になりたいです」

――「ツギクル芸人グランプリ」で優勝したら出演したいフジテレビの番組はありますか?

一平 「『ENGEIグランドスラム』です!! 今日は『ENGEI~』のオーディションだと言って呼ばれてきたので、優勝して実現させます!」

星野光樹 「『ENGEIグランドスラム』に出たいです。『ツギクル芸人グランプリ』決勝進出をサプライズで伝えていただいたのですが、実は“『ENGEI~』のオーディションです”と言われて呼ばれてきたので、出る気満々です」

――決勝進出した中でライバル、もしくは手ごわいと感じられるコンビ(芸人)は? その理由も教えてください。

一平 「同じ大学の先輩のサスペンダーズさん。学生時代から活躍していた2人は最強コント師としてプロでも活躍しています! (サスペンダーズが)所属するマセキ芸能社を超えて、その名をとどろかせていてずっと格好いいです! あと、ゼンモンキー。実力派なのは言わずもがな、事務所の後輩で、一緒にユニットコントもやっているので今回は負けられない!」

星野光樹 「TCクラクションさん。予選の時、僕たちの前の出番で、ものすごくウケていたので、さすがベテランと思いました」

――2度目の決勝大会への出場となりますが、あらためて意気込みをお願いします!

一平 「1、2本のネタで伝わるかは分かりませんが、3年前とは全く違うGパンパンダです! いろいろなことがあった3年間でした! 過去2大会の王者たちはコント師で、大きく羽ばたいていきました! 僕たちもコント師として、面白いと思われたい! 生まれ変わったGパンパンダ、ツギに来ます!!」

星野光樹 「『ツギクル芸人グランプリ2019』に出た時はネタ作りがしんどかったんですけど、今は自分たちらしくやれていると思うので、その姿をたくさんの方にご覧いただきたいです」

さんだる(ホリプロコム) ★2019年決勝進出

――決勝進出が決まった際の率直なお気持ちは?

宗洸志 「ついにこの時が来た!!」

堀内将人 「うれしい!! 売れた!! 友達に自慢する!!」

――自分たちの強みなど、アピールポイントは?

宗洸志 「芸人の中で一番仲良し。宗のおばちゃんキャラ。東京出身ホリプロコムという洗練された経歴」

堀内将人 「コントめっちゃ面白い!! 真シティー派コント師」

――もし優勝したら、次にチャレンジしたいことは何ですか?

宗洸志 「ライブ会場とライブ会場をタクシー移動。単独ライブ4公演、即完売」

堀内将人 「来年も出て連覇します!」

――「ツギクル芸人グランプリ」で優勝したら出演したいフジテレビの番組はありますか?

宗洸志 「『ネタパレ』、『ENGEIグランドスラム』、月9ドラマ」

堀内将人 「『VS魂 グラデーション』に出て、すべてのゲームで最高点をとって伝説になりたい!」

――決勝進出した中でライバル、もしくは手ごわいと感じられるコンビ(芸人)は? その理由も教えてください。

宗洸志 「わらふぢなるおさん。圧倒的実力者だから」

堀内将人 「みんな友達だから、みんなに負けたくない!」

――2度目の決勝大会への出場となりますが、あらためて意気込みをお願いします!

宗洸志 「『ツギクル芸人グランプリ2019』の忘れ物を取りにきました!! よろしくお願いします!!」

堀内将人 「『ツギクル芸人グランプリ2019』は3位で悔しい思いをしたので、今回は絶対に優勝します!」

ママタルト(サンミュージックプロダクション) ★2021年決勝進出

――決勝進出が決まった際の率直なお気持ちは?

檜原洋平 「“予選で完全に落ちました”と聞かされており、今日は『ネタパレ』のオーディションと思っていたので、最高にうれしかったです。ネタ見せのことで頭がいっぱいでした」

大鶴肥満 「“まーちゃんごめんね”がまずあって、少し時間が経過してからうれしいや楽しいの感情が沸々とわき上がってきました」

――自分たちの強みなど、アピールポイントは?

檜原洋平 「ツッコミ檜原の独特な節とリズミカルな関西弁。ボケ大鶴肥満の180kgもある巨体と豊かな表情、そして2人とも7月生まれのサマーボーイなところ」

大鶴肥満 「とにかく一番デカい。最重量コンビであることを知ってほしい」

――もし優勝したら、次にチャレンジしたいことは何ですか?

檜原洋平 「もしあれば、『ツギクル芸人グランプリチャンピオン大会』」

大鶴肥満 「次は植毛芸人グランプリにエントリーしたので、まずはそこにチャレンジします。あとは大食いと激辛とか、自分を追い込む企画にチャレンジしたいです。体が元気なうちに」

――「ツギクル芸人グランプリ」で優勝したら出演したいフジテレビの番組はありますか?

檜原洋平 「『ネプリーグ』です。2月にサンミュージックチームで出演させていただいたのですが、本当に人生で一番楽しい日だったので。また流れてくる曲に合わせて漢字を書きたいです」

大鶴肥満 「もう一度『ネプリーグ』に出たいです」

――決勝進出した中でライバル、もしくは手ごわいと感じられるコンビ(芸人)は? その理由も教えてください。

檜原洋平 「TCクラクションさん。世間の皆さんは気づいておられるかもしれませんが、実はまだTCクラクションさんは結成してから、予選敗退を経験したことがないんです」

大鶴肥満 「ストレッチ-ズ。最高のライバル。共にライブを盛り上げている仲間。負けられないし、勝ってほしい」

――2度目の決勝大会への出場となりますが、あらためて意気込みをお願いします!

檜原洋平 「昨年の決勝大会では、収録の楽しさや決勝にこられたうれしさで、負けたにもかかわらず、金の国がもらった優勝盾をバックに記念撮影イベントを主催してしまう始末でした。今年は絶対に優勝するぞという気持ちで、闘争心むき出しで臨みたいと思います」

大鶴肥満 「絶対優勝する、つーの!」

【番組情報】

「ツギクル芸人グランプリ2022」
フジテレビほか
5月21日 土曜 午後2:30~5:00
MC:爆笑問題(太田光、田中裕二) 進行:三田友梨佳フジテレビアナウンサー

文/宮下毬菜(フジテレビ担当)



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.