Feature 特集

小芝風花&赤楚衛二、“かのきれ”以来の共演でアドリブ全開!「バカップルみたいなことを延々と(笑)」2021/12/20

 季節ごとの放送となり、毎回座組が変わる番組へとリニューアルした「LIFE!」(NHK総合)の第4弾が12月21日に放送されます。今回は座長の内村光良さん、シソンヌ・じろうさん、西田尚美さん、ムロツヨシさんというおなじみのメンバーに加えて、3回目の出演となる和牛・川西賢志郎さん、初出演となる小芝風花さん、赤楚衛二さんが集結!

 TVガイドwebでは、ドラマ「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)でジャクソンこと佐藤愛を演じた小芝さんと、樋口拓也役の赤楚さんが「LIFE!冬1」で再共演すると聞き取材を敢行! トーク収録を終えたお二人から、コントで再共演となった感想や座長・内村さんの印象などを伺いました!

――早速ですが、出演の感想をお願いします!

赤楚 「ずっとテレビで見させていただいていて、面白いな、出たいなと思っていたので、心からうれしく思います。また、コントは初めてだったので、前日の寝る前までドキドキしていたんですが、撮影に入ったらとても楽しくて。楽しい時間を過ごさせていただきました。参加できて良かったです」

小芝 「すごく緊張しました。台本を覚えていても、それが果たして一連で撮影されるのか、ドラマのように1カットずつ撮影するのかが分からなかったので、事前に『これ、全部通しで覚えていく?』って(赤楚さんに)打ち合わせをしたりして(笑)」

赤楚 「打ち合わせました!(笑)」

小芝 「撮影に入ってみると、本当に皆さん面白くて優しくて。撮影の合間も、セリフ合わせや何げないお話をしてくださって、皆さんに緊張をほぐしていただいてから臨めたのですごく楽しかったです」

――お二人は「彼女はキレイだった」以来の共演となりますが、コントでの共演はドラマとは違いましたか?

小芝 「『彼女はキレイだった』後、初めての共演でした!」

赤楚 「2人で演じていても周りの環境が違うから、ちょっと緊張はしますよね」

小芝 「なんか、変な感じだよね。違う役でやると、『樋口さんじゃない!』みたいな(笑)」

赤楚 「そう、なるよね! 『ジャクソンじゃないわ』って。でも、(小芝さんが)コントをしている時に、すぐに涙が出てくるのを見て『うわー、すごいな』と脱帽しました」

小芝 「(謙遜して)いやいや。『部長命令』というコントでは、部長からある指示を受ける社員(赤楚)の彼女役だったんですが、アドリブを長く撮って…」

赤楚 「アドリブあったね!(笑)」

小芝 「どこまで使われるかは分からないんですけど、ああいうふざけた感じは『彼女はキレイだった』で共演していたからこそできたんです」

赤楚 「確かに(笑)。初対面だったら、あのアドリブはできないよね」

小芝 「そこは関係性が築けていて良かったです」

赤楚 「本当に良かった」

――ちなみにどんなアドリブだったんですか?

小芝 「バカップルみたいなことを延々と気持ち悪くやっていて…(笑)」

赤楚 「『好き』って言い合ったりしてね(笑)」

――それは楽しみです! では、共演した座長・内村さんのコントをご覧になっていかがでしたか?

赤楚 「どの衣装を着ていてもすごく様になって、普通だったら笑っちゃう格好なんですけど、全然…」

小芝 「そう! なんか、妙にしっくりくるよね」

赤楚 「ね! なんでもしっくりくるなんて、すごい方だなというのが印象的でした」

小芝 「『スーパースター』というコントで、『鬼滅の刃』の煉獄杏寿郎のような扮装(ふんそう)をしていた内村さんがすてき過ぎて、『煉獄さんだ!』っておなかから声を出して言っちゃうくらい。めちゃくちゃ好きなキャラクターなので、すごくワクワクしました」

赤楚 「そうなんだ!」

小芝 「カメラが回っていない時には、何げない会話で緊張をほぐしてくださって」

――差し支えなければ、内村さんとはどんなお話をされたんですか?

赤楚 「内村さんとは年齢の話、『27歳、平成6年3月1日生まれです』って話しましたし…」

小芝 「あははは(笑)」

赤楚 「あとは、最近のニュースの話などを。コントの映像をチェックする時には、『めちゃくちゃ面白いよね』『最高だったね』という話もしました」

小芝 「内村さんも『彼女はキレイだった』を見てくださっていたらしくて、『最終回の生放送が本当に短かったね!』『そうなんですよ』っていうやりとりをしました(笑)。ほかにも『水をかけるのが早い女』というコントで、ムロさんに何回もお水をかける役で、すごく緊張していて『失敗したらどうしよう』と心配していたんですが、撮影が終わった後に『水、良かったよ』と褒めてくださって、優しい方だなと思いました」

――ちなみに、「水をかけるのが早い女」ではムロさんにどれくらい水をかけたんですか?

小芝 「何杯だろう? 結構かけましたよ。10回以上は」

――10回以上…(笑)。ムロさんとは何かお話されましたか?

小芝 「最初に謝っておこうと思って『すみません』と言ったら、『前も(コントで)ビンタされていたから全然気にしなくていいよ』と。懐の深い方だなと」

――一方、赤楚さんは「天才の弱点」というコントで、映画のオーディションに来ていた女優役のじろうさんと川西さんを抱きしめる俳優という役柄でしたが、お二人を抱きしめた感想を教えてください。

赤楚 「大の男の人をバックハグするのは初めてだったので…」

小芝 「あははは(笑)」

赤楚 「背中が広いなと思いながら、楽しんでいました。お二人とも本当に色っぽいというか、女性らしさが見えたので、スッと役に入れました」

小芝 「二つのパターンの抱きしめ方を言われて、『どっちがいいと思う?』って相談されました(笑)」

赤楚 「女性的にはどっちがいいのかなって」

小芝 「それで、『彼女はキレイだった』でバックハグのシーンがあったので、それを見て『こっちの方がいいんじゃない?』とアドバイスしました(笑)」

赤楚 「参考になるわ~って(笑)」

――ドラマにバックハグするシーンありましたね! まさか「LIFE!」とプチコラボしているとは…!

小芝・赤楚 「そうなんです!(笑)」

――では最後に、次に出演する機会があったらやってみたい役や扮装を教えてください!

赤楚 「キャラクターの扮装はやったことがないのでしてみたいですね!」

小芝 「それこそ、『スーパースター』の扮装ですね。クオリティーが高いから余計に面白くて、真剣に変なことを言っているのがよくて…。キャラクター側をやってみたいです」

赤楚 「『スーパースター』に参加していないので、台本でしか読んでいないんですけど、僕もやってみたいです!」

――ありがとうございました! いつか「スーパースター」にキャラクター役で登場されるのを期待しています!

【番組情報】

「LIFE! 冬1」
NHK総合
12月21日 午後10:00~10:45

「LIFE!イッキ見!」
2022年1月1日 深0:20~3:25

NHK担当 K・H 撮影/蓮尾美智子



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.