Feature 特集

村元哉中&髙橋大輔組が「NHK杯2021」で日本歴代最高得点を更新! 「一つ自信になった」2021/11/16

 グランプリシリーズ第4戦「NHK杯2021」が11月12~14日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催され、アイスダンスでは村元哉中選手&髙橋大輔選手のカップルが日本勢最上位の6位に入りました。

→第1弾・男子シングルリポートhttps://www.tvguide.or.jp/feature/feature-1205494/

→第2弾・女子シングル&ペアリポートhttps://www.tvguide.or.jp/feature/feature-1207863/)

 11月12日のリズムダンスでは、今シーズンの新プログラム「Soran Bushi / Koto」を日本初披露。勇ましい和の曲を、村元&髙橋組の武器である高い身体能力とダンスセンスを生かして表現し、70.74点で6位発進となりました。

 そして、翌11月13日のフリーダンス「ラ・バヤデール」では、リフトで最高難度のレベル4を獲得するなどし、108.76点で自己ベストを更新。ショート、フリー合計179.50点で6位と、今シーズンの目標である北京冬季五輪出場へ向け、確かな一歩を踏み出しました。

 試合後に行われたインタビューから、2人のコメントを紹介します。

――試合を振り返って感想をお願いします。

村元 「昨シーズンのNHK杯と比べて大きなミスなく、自分たちが練習してきたことを発揮できたかなと思っています。表現の面でも、昨シーズンと比べて余裕を持って滑れたと思うので、すごく良かったと思います」

髙橋 「リズムダンス、フリーダンスともに大きなミスもなく、大きな舞台を終えることができたので、一つ自信になったのかなと思います」

――演技直後、何か話している様子でしたが、何を話されていたのですか?

髙橋 「『良かったね』というのと、コレオリフトでちょっとバランスを崩したので、お互いに『ごめん』って(笑)」

村元 「私は最後のスキッドストップするところでちょっとつまずいたので、『ごめ~ん』って謝ったり(笑)」

髙橋 「でも、『全体的に良かったね』って」

――今大会の収穫と課題を教えてください。

髙橋 「フリーの方はまだちゃんと(得点詳細を)見ていないので分からないのですが、エッジワークで取りこぼしというのがあったりとか、そういったところが点数につながっていくので(修正していきたい)。また、やはりリフトは質を上げていかないといけないと思いますし、それ以上にエッジワークが一番大きなところになってくると思います。それは時間をかけるしかないので、コツコツとやっていけたらと思います」

村元 「一つ一つのエレメンツのレベルもそうなのですが、昨日のリズムダンスのスコアシートで第2得点のスケーティングスキルなどがトップのチームとまだまだ差がありました。第2得点をもう少し上げられるように、スケーティングスキルやトランジション、スケーティングの強化が必要だなと思いました」

髙橋 「あとは、やはりトップの選手はGOE(出来栄え点)でかなり稼いでいるなと。(技の)レベルは取れるようになってきたので、GOEで稼いでいけるようにしていけたらなと思います」

――たくさんの観客の前で滑った感想を教えてください。

髙橋 「リズムダンスの時は、お客さんがスタンディングオベーションしてくれていることを全然気付けていなくて、映像で見て知りました。ちょっと緊張しているなっていう感じだったんですけど…。今日のフリーは、(演技に)入る前はあまり周りが見えていなくて、やっていくうちに徐々に周りが見えてきて、終わった後にお客さんがすごくたくさんの拍手をしている景色を見ることができて、やっと『終わったんだな』と思うことができました」

村元 「演技が終わるまで本当に大ちゃん(髙橋)しか見えていなかったんですけど、終わってあいさつした時に、すごくたくさんの人がコロナ禍でも会場に足を運んで見に来てくださっているというのを実感しました。国際試合なので日の丸(の旗)があったり、私たちのバナータオルなどもたくさん見えたので、日本開催の試合に来られてすごく良かったと感動しました」

 そして、グランプリシリーズ2戦目となった小松原美里選手&ティム・コレト(小松原尊)選手組は、リズムダンスで68.13点、フリーダンスで104.07点、合計172.20点で自己ベストを更新。磨き抜かれた技と息の合った演技で、全く表情の違う二つの曲を見事に表現しました。

 美里選手は試合後のインタビューで、「ここまでにいろいろと受け入れられないことだったり、我慢しなければいけないところがあった」と声をつまらせながら告白。詳細については現時点では明かせないとしながら、「この緊張感の中で自己ベストは、ものすごく将来の自信につながると思いますし、ステップのレベルなどをもっと上げていけば、もっと(ベストを)更新できる」と前を向きました。また、コレト選手は「昨年のNHK杯は国際選手が来られませんでしたし、その前のシーズンもけががあったのでNHK杯に出られませんでした。3年ぶりのNHK杯で自己ベストが出せたことはとてもいいことだと思います」と総括。2人は「180点以上を目指したい」「何を練習するか、何を伸ばすのか作戦を立てて一つずつ伸ばしていきたいです」と、今後の目標を語りました。

撮影/高橋学

【最新雑誌情報】

「KISS&CRY 氷上の美しき勇者たちvol.41 2021-2022シーズン開幕号」表紙・巻頭特集:宇野昌磨

「KISS & CRY 氷上の美しき勇者たちVol.41 2021‐2022シーズン開幕号」  
(表紙・巻頭特集/宇野昌磨選手) 
発売中
https://honto.jp/netstore/pd-book_31270313.html



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.