Feature 特集

秘蔵最新2ショット公開!【7月28日発売「KISS&CRY」】ステファン・ランビエール独占インタビュー「ショーマ(宇野昌磨選手)の魅力を引き出す」2021/08/05

 7月28日に発売された「KISS & CRY 2020-2021シーズン総括&2021-2022 前進のシーズン号(表紙・巻頭特集/宇野昌磨選手)」では、宇野選手を総力特集。宇野選手の大人なスーツ姿を映した撮り下ろしグラビアに加え、独占インタビューでは’21-’22シーズンの新プログラムについてや、新シーズンへの意気込みなどをたっぷり語っていただきました。

 さらに、宇野選手のコーチを務めているステファン・ランビエールさんの独占インタビューも。今回はその一部を公開します!

──6月には、宇野選手がスイスに滞在されていましたが、どのような練習を行ったのでしょうか?

「正確な日数は分かりませんが、ショーマは3週間ほどスイスにいましたね。フィジカルトレーニング、そしてショートとフリーのテクニックの向上に努めました。さまざまなことに取り組むことができた、非常に貴重な時間となりました」

──その新たなショートプログラムでは、宇野選手のどんな魅力を引き出そうとしていますか?

「彼はとても才能豊かな選手で、カリスマ性があります。そして、とても繊細で感情豊かな演技をします。そういった部分を最大限に引き出したいと思いました。皆さんも彼の新しいショートプログラムに驚くと思いますし、感動するはずですよ」

──新しいフリースケーティング「Bolero」について教えてください。

「ご存じの通り、『Bolero』はフィギュアスケートの定番といってもいい曲です。曲全体を通して激しい感情を表現する演目ですが、彼が『プリンスアイスワールド2021 -2022』で演じたものから少し振り付けを変えました。ショーマの新しい『Bolero』は、きっと皆さんに楽しんでいただけるものだと思います」

――いよいよ北京冬季五輪シーズンです。生徒たちに、どのようにシーズンを過ごしてほしいですか?

「昨シーズンは、これまでとは全く異なるシーズンとなってしまいました。今シーズンは、いつも通りに近い形で試合などが行われるのではないかと期待しています。今シーズン、ショーマとすべてのスケーターがそれぞれのゴールに向けて建設的なシーズンを送ること、そして健康でいることを願っています」

――日本のファンがステファンコーチの演技を心待ちにしています。コロナ禍が落ち着いたら、また日本のショーにもご出演いただけますか?

「もちろん、心からそう望んでいます。日本は私が大好きな国の一つで、たくさんの思い出があり、多くの友人がいます。日本のリンクに立てる日を心待ちにしています」

 このインタビューの全文は、発売中の「KISS & CRY 2020-2021シーズン総括&2021-2022 前進のシーズン号(表紙・巻頭特集/宇野昌磨選手)」に掲載。そのほか、宇野選手出演の「プリンスアイスワールド2021-2022」、「スターズ・オン・アイス2021」の美麗グラビアリポートや、宇野選手の’20-’21シーズンプレーバック特集、そして、アイスショー「LUXE」で新たな姿を見せた髙橋大輔選手の独占インタビュー&「LUXE」の誌上再現リポートなど、盛りだくさんの内容です。ぜひチェックしてみてください!

【最新雑誌情報】

「KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 2020-2021シーズン総括&2021-2022 前進のシーズン号」 
(表紙・巻頭特集/宇野昌磨選手/KISS&CRYシリーズVol.40)
発売中
https://honto.jp/netstore/pd-book_31102037.html

「KISS&CRY」とは?

「KISS&CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターの皆さんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組テレビオンエアスケジュールも掲載。テレビの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.