Series 連載

内藤秀一郎・瀬戸利樹☆ドラマ「先輩、断じて恋では!」でBLコメディーに挑戦!2022/06/22

 BLドラマレーベル“トゥンク”がおくる、「不幸くんはキスするしかない」に続く第2弾作品「先輩、断じて恋では!」(MBSドラマシャワーほか)。

 本作は、デザイン事務所を舞台に、同僚たちのカリスマ的存在であるチャラい先輩・柳瀬淳と、密かに柳瀬に想いを寄せるツンデレ後輩・金田優希が繰り広げるラブコメディー。教育を担当している後輩が自分にだけいつも冷たく「俺、嫌われてる?」と思ったら、それは極度な憧れの裏返しらしく——!? そんな2人の不器用な恋を、時にコミカルに時に切なく描きます。

 今回、TVガイドWEBでは、柳瀬を演じる内藤秀一郎さんと、金田を演じる瀬戸利樹さんを直撃! 撮影が始まってすぐ仲良くなったというお二人に、撮影の裏話やお互いが演じるキャラクターの魅力などお話しいただきました。

――すでにクランクアップしたそうですが、撮影はいかがでしたか?

内藤 「僕はモノローグが一番印象的でした。こんなにモノローグで表現することって、これまであんまりなくて。自分が見せている顔とは真逆の感情が表されたりもしていて面白かったし、そこが大事な作品でもあるのかなと思いました」

瀬戸 「確かに、モノローグ多めで共感してもらえそうだなっていうのは僕も思いました。監督が脚本もやられていたので、現場で『こうしていいですか?』と変わったりするところもあって。本当にみんなで作品を作っていった感じがすごく強い作品ですね」

内藤 「妄想シーンも多くて、そういうところでは普段のキャラクターとまた違う性格になっているから面白いよね」

瀬戸 「ちゃんとした正装でワルツを踊ったり」

内藤 「あれ楽しかった〜!」

――お人は今回初共演だそうですね。瀬戸さんが「仮面ライダーエグゼイド」(1617)、内藤さんが「仮面ライダーセイバー」(2122)と、共に「仮面ライダー」出身ですが…。

瀬戸 「そうなんです。年齢は僕の方が1歳上ですけど、『仮面ライダー』でいえば内藤くんはめっちゃ後輩です」

内藤 「はい、めっちゃ後輩です(笑)」

——初共演にもかかわらず、距離もすぐに縮まったとか。「壁をなくすようにしよう」などと話し合ったりしたのですか?

瀬戸 「そういうのは全然なくて、内藤くんの方からどんどん距離を詰めてきて。いきなり『俺ら似てね?』とか言ってくるんですよ(笑)」

内藤 「ふふふ…」

瀬戸 「僕たち、同属性らしいです(笑)」

内藤 「そう。趣味も一緒だし、笑いのツボとかも結構一緒なんですよ」

瀬戸 「確かに、それはそうだね」

内藤 「で、僕たちって周りを楽しませたいっていう思いは強いんですけど、笑いの力が弱くてスベりがちなんですよ。瀬戸くんの現場での立ち振る舞いを見ていて『ああ、笑いが弱いなぁ、俺に似てるなぁ』って思って…あはははは!」

瀬戸 「おい!!(笑)。でも僕はみんなが見ている前でつまらないことをやるんですけど、この人は誰も見てないところで1人でやっているんですよ。僕だけが見てそうなところでやっていて」

内藤 「基本、かまってちゃんだから(笑)。でも、この人は無視するんですよ」

瀬戸 「そりゃ無視するだろ!(笑)」

――瀬戸さんから見てお二人似ているところはありますか?

瀬戸 「いや、それがあんまりないんですよね」

内藤 「うそだよ! ゲームは?」

瀬戸 「まぁ、ゲームは趣味じゃん。性格が似ているとはあんまり思わないんだよなぁ…」

内藤 「そうかぁ。じゃあいいよ(すねる)」

瀬戸 「ほら、かまってちゃんなんですよ(笑)」

――(笑)。現場を盛り上げるのはどちらでしたか?

瀬戸 「それは…2人ともだったよね?」

内藤 「うん。2人ともだったけど、締めるところ締めるっていうのは瀬戸くんでしたね」

瀬戸 「そう、先輩なんでね(得意げに)」

内藤 「こういう時だけ先輩風吹かせちゃって~(笑)」

――では、いよいよ放送も始まったということで、ドラマ序盤の見どころをお願いします。

瀬戸 「王道かつ、こじらせラブコメディーということでキュンキュンするところがたくさんあると思います。柳瀬をこっそり好きな金田はモノローグが本当にたくさんあって、好きな人や憧れの人がいる方には特に『分かる!』って共感していただけると思います。そして何より映像が奇麗なので、そこも注目してほしいです」

内藤 「本当に映像が奇麗で、僕ら2人も奇麗に映っています。柳瀬はしょっぱなから飛ばしているんですけど、本当の心情っていうのは最初の方は分からなくて。『この時、柳瀬は本当はこう思っているんじゃないかな?』っていうのを想像しながら見ていただけると、より楽しめるのではないかと思います」

――最後に、内藤さんから見た金田、瀬戸さんから見た柳瀬…というふうに、お互いのお薦めのシーンを教えていただけますか?

内藤 「金田は目がくりっくりしていてかわいいですね。気持ちは目に出るって言いますけど、金田は特にすごく目に感情が乗っていると思うし、現場中も“かわいい、かわいい”って思っていたので、見てくださる方はもっとそう感じるんじゃないかなと思います。柳瀬が攻めた時の金田の反応もかわいいので、ぜひ楽しみにしていてください」

瀬戸 「柳瀬はカリスマ性のある顔が魅力かなと思います。頭良さそうな顔してますよね?」

内藤 「あんまり言われたことないけど…(と、顔を瀬戸に突き出す)」

瀬戸 「ちょっと、こっち向かないで、笑っちゃうわ(笑)」

内藤 「失礼だぞ!(笑)」

瀬戸 「(笑)。あと、柳瀬は手が奇麗なんですよ。手がたくさん映るので、ぜひ注目してほしいですね。背が大きいのもいいなと思いますし…」

内藤 「もう、全部外見の話!(笑)」

瀬戸 「背と手と目(笑)。でも背が高いのは本当に大きな魅力の一つだと思います。手足が長いので本当に映像映えするんですよ」

――お二人の身長差がいい感じですよね。

瀬戸 「僕、そんなにちっちゃくないんですよ。それなのに、内藤くんといると小さく見えて。こういうのは久々でした」

内藤 「上から見る金田がなんかよかったわ、ちんちくりんで(笑)」

瀬戸 「ちんちくりんって言うなー!(笑)」

【プロフィール】

内藤秀一郎(ないとう しゅういちろう)

1996年5月14日、埼玉生まれ。A型。 「仮面ライダーセイバー」(2020~21年)で主演を務める。近年の主な出演作に、ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」(19年)、「しもべえ」、「もしも、イケメンだけの高校があったら」(ともに22年)ほか。

瀬戸利樹(せと としき)

1995年10月7日、千葉生まれ。B型。 主な出演作に、「仮面ライダーエグゼイド」(16~17年)、ドラマ「偽装不倫」(19年)、「推しの王子様」、「お茶にごす。」、映画「老後の資金がありません!」(すべて21年)ほか。

【作品情報】

「先輩、断じて恋では!」
MBSほか
6月30日
木曜 深夜1:29~1:59

深夜残業での柳瀬(内藤)との急接近から、さらに金田(瀬戸)のドキドキは増していく…。そんな中「レッドハニィ」CG制作の寺巡り取材の仕事が発生。柳瀬と行く予定だった同僚の知代(坂田梨香子)の代わりに金田が行くことになり、2人きりのお出掛けに緊張する金田。さらに、金田の同期・井口からの電話により、金田は大変なミッションを課せられて…⁉

【プレゼント】

サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募締切:2022年6月22日正午〜6月29日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」7月1日号(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

取材・文/高瀬純 撮影/須田卓馬 ヘア&メーク/Sayu[内藤]、窪田健吾(aiutare)[瀬戸] スタイリング/山本隆司[内藤]、瓜坂拓海[瀬戸]



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.