News ニュース

Travis Japan、ピコ太郎とテクノをテーマにコラボ!2021/07/26

 BSフジでは7月31日に「〜EP.3:Techno〜 Travis Japan×PIKOTARO」(午後11:30)を放送。ハイレベルなダンスパフォーマンスで観客を魅了するジャニーズJr.のTravis Japanが、さらなる⾼みを⽬指す番組の第3弾で、「PPAP」旋⾵を巻き起こしたピコ太郎とテクノをテーマにコラボレーションする。

 Travis Japanのメンバーは、挑戦するダンスのジャンルが“Techno(テクノ)”だと告げられると「オオー!」と歓声を上げて、コラボレーション相⼿がピコ太郎だと分かると、「えーーー!?」と⼤興奮。2016年に世界を席巻した「PPAP」の曲が流れ、ついつい踊り出す松⽥元太や中村海⼈。それに続いて、ピコ太郎のプロデューサー・古坂⼤魔王がVTRで登場する。ピコ太郎と同様に、世界を⽬指し“Made in Japan”を発信しようとするTravis Japanを応援したいと、今回、新たに曲を作ってくれたという。課題曲が流れると途中でも喜びの声とともに、吉澤閑也は「早くやりたい!」と笑顔を見せ、前回リーダーの⼤任を果たした七五三掛⿓也は「曲がかっこいいのでどう仕上がるか楽しみ」と語る。

 ⼀⽅、先程まで「PPAP」にノリノリだった松⽥は「俺はこの曲ではリーダーをやる⾃信がない…」と早くもリーダー決めに緊張気味。今回の最⼤のミッションは“かっこいい”と“コミカル”を共存させることだ。この不可能を可能にする難しい課題に、中⼼となって挑む振付リーダーは果たして誰になるのか。

 「僕たちにとって新しいジャンルなので、誰がやるかによってだいぶ変わってくる」と冷静に分析する川島如恵留、「前向きです!」と元気いっぱいの松倉海⽃、「ステージは⽤意していただいたので、今度は僕たちが“かっこいい!”と思ってもらえるものを⾒せたい」と意気込む宮近海⽃。運命のくじは中村海⼈の⼿に託されることに。「俺、今⽇は〇〇(メンバーの名前)を引く気がする」と言うが、その予想は当たるのか?

 そして、古坂からは「テクノは、踊るには向いているが、ダンスには向かない」「え!振付の制限時間6時間?」「無理です」と衝撃のメッセージが寄せられる。スタート前から⼤きなプレッシャーがメンバーにのしかかる中、三つのポイントが挙げられる。冒頭で「“つかめるか”!」「オケを体で“表現できるか”!」「最後の盛り上がりで、⾃分の、Travis Japanのスキルを“出し切れるか”!」――このポイントを振付リーダーはどう解釈し、ダンスで表現していくのか注目だ。

 なお、番組放送終了までの期間限定で、番組の予告編をBSフジ公式YouTubeチャンネルで公開中(https://youtu.be/bWfNphB1NTg)。さらに、7⽉31⽇には第3弾放送に先駆けて、⼤好評だった第1弾「〜EP.1:ROCK〜 Travis Japan×MIYAVI」(午後3:00)の再放送も決定した。世界的ギタリスト・MIYAVIとのスペシャルコラボステージをもう⼀度チェックしたい。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.