News ニュース

岡山天音と神尾楓珠が「緊急取調室」でボクサー役に。体脂肪率を大幅に減らして熱演2021/07/18

 テレビ朝日系連続ドラマ「緊急取調室」(木曜午後9:00)の7月22日放送・第3話に、岡山天音と神尾楓珠がゲスト出演。己の肉体と髪形を大幅に改造し、新たな事件の捜査をかき回すボクサー役を熱演する。

 本作は、天海演じるたたき上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)のメンバーと共に数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる人気シリーズ、待望の第4シーズン。今シーズンでは、“部署の消滅まで残り100日”というタイムリミットを課せられたキントリが、これまで以上に揺るぎない正義感をたぎらせながら、一筋縄ではいかない被疑者たちの“裏の顔”を“丸裸”にしていく。

 岡山が演じるのは、タイトルマッチでバンタム級チャンピオン・加賀見光一郎(神尾)に挑む直前に、週刊誌記者を殺害した容疑で任意同行される元不良少年ボクサー・石倉衆ニ。

 「『緊急取調室』は長期にわたり愛されている人気作であり、歴戦の大先輩方と面と向かってお芝居ができる機会だったので、参加させていただけることが非常に楽しみでした」と出演を喜ぶ岡山は、「熟練の大先輩方ばかりの現場でしたが、皆さまとても柔らかく丁寧に迎え入れてくださり、お芝居以外の場面でも先輩方のたたずまいから学びを得ました。また、天海(祐希)さん演じる有希子から取り調べを受けるシーンは、実際に対決するような場面で、演じていて非常にシビれました。貴重な時間を過ごさせていただきました」と素晴らしい俳優陣との共演に、得るものも大きかった様子。

 自身の役どころについては、「純粋がゆえに、傷つけられるたび大きく湾曲していったキャラクターだと思います。また、ここまで他者に対し、攻撃性を持って対峙(たいじ)するキャラクターを演じることは初めてだったので、非常に新鮮な気持ちでした」と話し、ボクサー役ということで「体作りの期間は1カ月半ほどで、その間もほかの作品の撮影と重なっていたので、撮影が終わった後にジムに通い、毎夜、公園でシャドーボクシングをしたりしていました。時間を作ってはボクシングに浸る、かなり濃厚な日々を過ごしました。体重の変化はさほどありませんでしたが、体脂肪率が5.5%ほど落ちました」と、ストイックに役作りに挑んでいたことを明かした。

 一方、その清く正しい経歴と言動から「大卒のプリンス」ともてはやされる現チャンピオン・加賀見を演じた神尾も「撮影の1カ月前から先生とのトレーニングを週1、2回しました。さらに、毎晩の腹筋メニューを実践し、プロテインを飲むことを心がけました! 先生に食事メニューを送ったりして、身体の情報など、至るところまで見てもらっていたので、緊張感のある日々を過ごせました。プロのボクサーの方々は常にこの状態で体作りをしているのかと思うと、とても尊敬します。僕も体重はほとんど変わりませんでしたが、体脂肪率は9.4%から7.0%まで変化して、自分でも驚きました」と、真摯(しんし)に役柄にアプローチしたことを語った。さらに、髪もバッサリと切り、公の場で初めて短髪を披露。「似合わないと思っていた短髪に対する苦手意識はなくなりました!」と爽やかにコメント。 

 そして、「長く続いている作品にゲストで参加できることが楽しみでした! それと同時に緊張もありましたが、(岡山)天音くんとは2度目の共演だったこともあり、少し肩の力を抜いて演じることができました。僕が演じる加賀見は世渡り上手。どういう環境にいても、誰とでもうまくできるタイプなんだろうな、という印象を受けたので、そこを意識しました。また、ボクサー役は初めてだったので、リングからの景色が壮大で、とても印象に残っています」と振り返り、「撮影では、小日向(文世)さんと対峙するシーンもあったのですが、どうやって芸能界に入ったのか…といった話など、気さくに話してくださりました! また、小日向さんは撮影中に僕がセリフをかんだ時、直々にアドバイスをくださり、とても勉強になりました!」と、こちらもベテランの懐の深さに感激している。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.