News ニュース

関水渚&仲村トオル「ハチナイ」オフィシャルブログ開設!“野球レジェンド”のSPコメント動画も2021/07/06

 テレビ東京ほかで7月7日スタートの水ドラ25「八月は夜のバッティングセンターで。」(水曜深夜1:10)の見どころや裏側に迫るオフィシャルブログ(https://ameblo.jp/hachinai89/)が、初回放送当日正午(午後0:00)に開設されることが分かった。

 本作は、2019年にアニメ化されたことでも知られる人気アプリゲーム「八月のシンデレラナイン」から着想を得た完全オリジナル作品、通称「ハチナイ」。舞台は都内のあるバッティングセンター。訳あって夏休みに叔父・夏葉幹也(岡田圭右)でアルバイトをすることになった17歳の女子高生・夏葉舞(関水渚)と、「バットのスイングだけで、その人がどんな悩みを抱えているか分かる」と豪語する47歳の謎の元プロ野球選手・伊藤智弘(仲村トオル)が、毎回バッティングセンターに現れる悩める女性たちを「野球論」で例えた独自の「人生論」で解決へと導いていく。「ライフ・イズ・ベースボール」を合言葉に、野球というテーマを通して人々の背中を少しだけ押していく、新感覚の“ベースボール・ヒューマンドラマ”だ。

 各話の“悩める女性”を演じるキャストには、第1話に木南晴夏、第2話に堀田茜、第3話に武田玲奈、第4話に深川麻衣、第5話に佐藤仁美、第6話に山下リオ、第7話に板谷由夏、第8話にBEYOOOOONDS・山﨑夢羽が決定。さらに、第1話に登場する元メジャーリーガーの岡島秀樹のほか、野球好きであれば誰もが知っているような往年の“野球レジェンド”たちの出演にも注目だ。

 ブログでは、主演の関水、仲村、各話ゲストなど豪華出演者のオフショットを公開予定。さらに、ドラマ出演の感想や「あなたにとって『野球』とは?」などの質問に答える、レジェンド選手たち全員のスペシャルコメント動画も。初回は第1話に登場する岡島のコメントが公開される。なお、第2話のレジェンドは、初回放送の最後に流れる予告で明らかにされる。岡島に続くレジェンドは一体誰なのか? こちらも気になるところだ。

 第1話となる、一回「ホールドポイント」では、「夏葉バッティングセンター」でアルバイトをしている舞が、そこで客のバッティングを見つめるという謎の行動を繰り返す男・伊藤と出会う。舞は不審者ではないかと疑うが、ひょんなことから、しばらくの間、伊藤と2人で店番をする羽目に。スイングでその人の悩みが分かるという伊藤は、この日来店していた化粧品会社に勤める坂本ゆりこ(木南)は、仕事で評価されず憤っていると明言。実際に、ゆりこは同期に振り回され、フォローしても正当な評価が得られない状況にあった。数日後、再び現れたゆりこの悩みを、伊藤は独自の野球論で解決へと導こうとする。「ライフ・イズ・ベースボール」——その言葉とともに突然野球場へワープしたかと思うと、そこに中継ぎ投手として日米を渡り歩いた岡島が現れる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.