News ニュース

浅川梨奈、「悪魔とラブソング」の撮影現場での飯島寛騎からの言葉に「褒められて伸びる子なのでうれしかった(笑)」2021/06/10

 6月19日からHuluで配信される、Huluオリジナル「悪魔とラブソング」の配信記念イベントが行われ、ダブル主演を務める浅川梨奈と飯島寛騎、共演の奥野壮、小野花梨、吉田志織が登壇。また、スペシャルゲストとして、主題歌「Take my hand」を歌う5人組ガールズグループ・FAKYも駆けつけた。

 ドラマは、Huluと少女漫画誌「マーガレット」がタッグを組む「マーガレット Love Stories」の第2弾として、桃森ミヨシ氏の同名コミックを実写化。美しい歌声と美貌を持つが、そんたくなしに本音をぶつけてしまうがゆえに周囲から孤立して「悪魔」と呼ばれる主人公・可愛マリア(浅川)が、転校を機に理解者を見つけ、これまで自分を偽って周りに合わせていた同級生たちと絆を深めていく物語。

 マリア役の浅川は「合唱コンクールのシーンとか、音楽が関わってくるシーンがすべてが美しかったので、見てくださる人にも映像を通して伝わるんじゃないかとワクワクしています」と一気に全話見たという作品の魅力を紹介。クールで困っている人を放っておけないが、あることをきっかけにピアノへのコンプレックスを抱える目黒伸を演じる飯島も「照明とかがこだわっていて、出てくる人物がみんな奇麗でうっとりしちゃうんですよ。その中に音楽があって…。自分が音楽に吸い込まれると言ったら大げさかもしれないですけど、それくらいのめり込める作品だと感じました」と同調。誰にでも優しいクラスのムードメーカー・神田優介役の奥野は、「クラス全員、ワイワイしていたので、みんながまとまるのが大変でした(笑)」と裏話を暴露。

 飯島が浅川について「リーダー的な存在でした」と評し、「1人でのシーンとかリハーサルを見ていたんですが、やっぱりすごく努力しているんだな」と刺激を受けたことを明かすと、浅川は「飯島さんが『引っ張ってくれるからピアノも弾きやすいよ』って言ってくださって、褒められて伸びるタイプなのでうれしかったです(笑)」と振り返った。

 マリアに反発するリーダー格の女子・中村亜由役の小野が、そんな2人について問われると「本当にすごかった!」と返答。一同から「思ってる?(笑)」とツッコまれてしまい、笑いが起こる一幕も。小野は「私たちもプロの先生に教えていただいて合唱に挑みましたけど、お二人は私たちの何十倍という時間を費やしてピアノと合唱の練習をしていたので、その努力に圧倒されました」と絶賛した。

 イベント終盤、本作のタイトルにちなみ「悪魔」をテーマにトーク。「自分の悪魔だなと感じる一面」について「お腹」と書かれたフリップを掲げた吉田は「飯島さんと音楽室での静かなシーンで鳴ってしまって、自分でコントロールできるもんじゃないので、『おいっ!』って自分のおなかに思って、それが悪魔かな…」と会場を和ませる。その場にいた飯島は「音声的にはアウトでしたね」と笑顔で答えた。一方、「ゲームしてる時」と書いた奥野は、「夢中な時は、ついはしたない声が出てしまいますね(笑)」と告白。

 「この子は“悪魔”なんじゃないかと思う人」というテーマでは、奥野が飯島の名前を挙げ、「このビジュアルだけどおちゃめなんです。女の子をたぶらかしてそうだな」とぶっちゃける。浅川も「“悪魔的にかわいい人”って考えた時に、飯島さんかな」と続き、「ムードメーカーでスタッフさんにもすごく好かれていて、飯島さんがいないと『寛騎に会いたい』と言っていたり」と飯島の愛されぶりを回想。飯島も「みんな僕のことが大好きなんですよ」と満更でもない様子を見せていた。

 最後に、飯島は「人との出会いによって大きくなっていく高校生たちの姿を、音楽とともに奏でていますので、ぜひご覧いただけたらと思います。後悔はさせません!」とアピール。浅川は「いい作品ができたと胸を張って言うことができます。この作品に出合って、私自身も成長したように、見てくださる人もきっと成長して、明日からの活力になたらいいなと思います」と締めくくった

 イベント中、FAKYが今作のために書き下ろした主題歌「Take my hand」を初披露。コンテンポラリーダンスも交えるパフォーマンスで浅川らを引き込んだ。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.