News ニュース

白石麻衣が魚のさばき方を学ぶ企画第2弾。「レベルが上がるごとに難しいなと思いつつも、勉強になっています」2021/06/04

 日本テレビ系で本日6月5日放送の「世界一受けたい授業」(土曜午後7:56)では、白石麻衣が魚のさばき方を極めていく企画「魚をさばいて!美味しく食べて健康になる」の第2弾をおくる。

 元漁師で元水産庁の官僚という経歴を持つ上田勝彦氏から魚のさばき方を学ぶ白石は、前回、10段階に設定された難易度のうち、レベル1から3までの、アジ、ブリ、イカのさばき方を自分のものとしている。放送後、「目指せ!水産庁ポスター!」を合言葉に取り組んでいた彼女のもとに、山口秀彰水産庁長官から「水産庁は全面協力します」というメッセージが届いた。そして、今回、レベル4から6の、鯛、貝、ヒラメをさばくことに挑戦。

 2回目の授業を終えた白石は「1回目の授業に比べれば少しずつ慣れてきているんですが、魚によってさばき方や体の構造が全然違ったりするので、レベルが上がるごとに難しいなと思いつつも、勉強になっています」と充実感をのぞかせた。レベル4の鯛でチャレンジしたエラ取りについては「魚のエラはちゃんと見たこともなかったし、処理するのももちろん初めてだったので『あー、こんな感じなんだ』と思って…。前回のイカの目玉以上に『リアル』でしたね(笑)」と苦笑い。

 この企画について「魚の料理の仕方や食べ方が本当にたくさんあって、学べば学ぶほどおいしいです」と語る白石は、「魚を食べる方が少なくなってきてると聞いています。この番組を見て、さばくことに挑戦する方や、食べる若者が増えたらうれしいですね」とアピール。

 番組ではそのほか、中尾政之氏による「家の中で爆発・火災!? 今すぐヤメテほしい15の行動」の授業を紹介。スタジオには剛力彩芽、西川貴教、ホラン千秋らが登場する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.