News ニュース

飯豊まりえ主演「ひねくれ女のぼっち飯」にオカダ・カズチカら個性派キャストが集結2021/05/15

 4月29日午前6:00からParaviで先行配信され、配信後はテレビ東京で放送が決定しているドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」(今夏放送予定)の、第4~8話までの各話出演者が一挙解禁。オカダ・カズチカ、鈴木亜美、渡辺満里奈、市川紗椰、早見沙織、高橋努、山田キヌヲ、田中聡元、小野真弓、峯村リエが出演することが分かった。

 同ドラマは、人付き合いが苦手で友達もおらず、なんとなく日々を過ごす、ひねくれ者の主人公・川本つぐみ(飯豊)が、「ホワイトホース」という名のInstagramのアカウントに出合うところから展開。顔も名前も分からないが、よくある料理なのに妙に魅力的な食事の写真と、自分と似ている理不尽な境遇が綴られた投稿に魅力を感じたつぐみは、ホワイトホースこと白石一馬(柄本時生)を自分の「白馬の王子様」だと信じる。王子と同じものを食べるために、ボッチ飯をするつぐみは、それが日々の楽しみになっていく。王子もまた、つぐみから来る唯一の「いいね」が楽しみになる。

 数々のグルメドラマを生み出してきた同局の新たなグルメドラマである本作で、第4話は今最も旬なテイクアウトでイタリアン、第5話は安定の人気のタイ料理、第6話はシズル感満載の焼き肉、第7話は憧れの江戸前ずし、第8話はイベントに絶対必須のコース料理と、気になるメニューがめじろ押しだ。

 5月15日配信・第4話にイケメン警備員役で登場するオカダは「今まではプロレスに関係する役が多かったのですが、初めてプロレスから離れた役をいただきました」と喜び、「ちょうど撮影現場に向かう時に公園で警備員の方が食事をしていて、こういう感じかと勉強したとか、してないとか。自分で言うのもなんですが、警備員姿似合ってました! いつもの強くてイケメンプロレスラーなオカダ・カズチカではなく、優しいイケメン警備員のオカダ・カズチカ、ぜひご覧ください!」と自信をのぞかせる。

 続く5月22日配信・第5話に新沼聡子を演じる鈴木は「ワンシーンでしたが、日常によくあるシーンだなと思いました。自分も似たような時期があったなと笑ってしまうようなドラマです。マスクしているので、分かりづらいですが、普通の私っぽいので見つけてみてください」とコメント。同じく第5話でタイ料理屋のお母さんに扮(ふん)する渡辺は「タイ料理屋のお母さんということで、暗に間接的なイメージがあったのかなと思いました(笑)」とタイネタでおなじみの夫・名倉潤に触れつつ、「台本を読んだらなんとタイ語のセリフがあったので、難しそうでひるみましたが、飯豊まりえさんの食べる姿を想像したらニヤけてしまって楽しみになりました。辛くて甘くて奥が深い、めくるめくタイの味を共に食べている気持ちになれると思います! 楽しんでください」と見どころを語った。

 同じく5月22日に配信となる第6話には、市川が女性一人客役で出演。「お芝居はほとんど未経験なのでお話をいただいた時は不安でしたが、台本を読んで、お、ほぼ普段の私の行動だ!と思いました。一人焼き肉をはじめとするボッチ飯を長年してきたかいがありました。台本の女性ほどはかっこよくは見えてないだろうけど…。出演の声をかけていただけてうれしかったです。みんなでワイワイ外食がしづらい日々が続いている今。1人でお店に入るのがへっちゃらな方も不得意な方も、画面を通して素晴らしきボッチ飯の世界を味わってください。やっぱり外食っていいな〜ってつくづく感じると思います!」と作品に共感を寄せる。そして、お掃除ロボット役で声の出演をする早見は「次から次へと生まれるつぐみさんの心の声が面白く、一気に台本を読み進めてしまいました。ご飯を食べているうちに心が無になり、気が付けば満たされている…そんな流れに激しく共感しました。毎回そうだと思いますが、今回は一層、おなかが空く回かと思います! ぜひ、お楽しみくださいませ」と呼び掛ける。

 ほか、5月29日配信・第7話には高橋努、山田キヌヲ、田中聡元、小野真弓が、第8話には峯村リエが出演する。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.