News ニュース

「ひねくれ女のボッチ飯」主題歌が瑛人の「僕はバカ」に決定。飯豊まりえの“白馬の王子様”の声は下野紘2021/04/27

 4月29日午前6:00からParaviで先行配信され、配信後はテレビ東京で放送が決定しているドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」(今夏放送予定)の主題歌が、瑛人の「僕はバカ」に決定した。

 同ドラマは、人付き合いが苦手で友達もおらず、なんとなく日々を過ごす、ひねくれ者の主人公・川本つぐみ(飯豊)が、「ホワイトホース」という名のInstagramのアカウントに出合うところから展開。顔も名前も分からないが、よくある料理なのに妙に魅力的な食事の写真と、自分と似ている理不尽な境遇が綴られた投稿に魅力を感じたつぐみは、ホワイトホースこと白石一馬(柄本時生)を自分の「白馬の王子様」だと信じる。王子と同じものを食べるために、ボッチ飯をするつぐみは、それが日々の楽しみになっていく。王子もまた、つぐみから来る唯一の「いいね」が楽しみになる。

 主題歌「僕はバカ」は、自らの頭の中を駆け巡った物語を普遍的なメロディーと瑛人ならではのワードで綴ったちょっぴり切ない妄想ラブソングとなっており、ミュージックビデオには、瑛人自身の熱烈オファーにより、飯豊も出演している。

 瑛人は楽曲について「僕の妄想で作った曲ですが、Instagramを通して『白馬の王子様』と信じるつぐみちゃんと少し重なる部分があったのかなと、ラッキー!って思いました。初めてのドラマ主題歌なので、毎回どのように流れるのか楽しみです! ぜひ、飯豊まりえさんのかわいくておいしそうに食べる姿、見どころたくさんの『ひねくれ女のボッチ飯』を見て、おなかをすかせてください!」とメッセージを寄せている。

 さらに、レギュラーキャストとして、つぐみの勤めるコンビニエンスストアの先輩アルバイト・岡林早苗役で片桐はいり、そのコンビニの店長・三好哲也役でダンディ坂野、白石の鬼上司・黒岩和彦役で川原和久、白石の同僚・飯島彩花役で辻凪子が出演することも発表され、白石のSNS上の名前であるホワイトホースのつぐみの想像の声を演じるのが、声優の下野紘に決まった。また、第1~3話のゲストとして、勝村政信(第1話)、川村エミコ(第1話)、小田井涼平(第2話)、玉袋筋太郎(第3話)、鳥居みゆき(第3話)が登場することも分かった。

 本作へのレギュラー出演に、下野は「オファーが来た時、普通にビックリしましたね…! 個人的には、また声でドラマにレギュラー出演することがあると思っていなかったので。しかも、今回はポエム!」と驚きつつも、「いろんなグルメドラマがありますが、日々いろんなことに悩んでいる登場人物たちの、共感しつつもどこかほっこりした所もある物語は、ポエムとともに斬新だなと思いました」と感心し、「話数ごとに、一見普通そうだけど、どこかおかしなことを言っているポエムに注目していただきつつ、登場するおいしいご飯や物語にも注目していただけたらありがたいです!」と呼び掛けている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.