News ニュース

花澤香菜が「恋はDeepに」に声の出演。海洋生物を1人2役で熱演!2021/05/12

 声優の花澤香菜が、日本テレビ系連続ドラマ「恋はDeepに」(水曜午後10:00)の本日5月12日放送・第5話から、声の出演をすることが分かった。

 ドラマは、海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音(石原さとみ)と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野剛)の“地上で一番Deepな恋模様”を描くラブストーリー。脚本を「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)、「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)を手掛けた徳尾浩司氏が担当。巨大マリンリゾート開発をめぐり出会った2人は、開発を阻止したい海音と、開発に人生を懸ける倫太郎という正反対の立場だが、運命的な恋に落ちてしまう。しかし、海音には誰もが驚く秘密がある。

 これまでに、「ウツボ」役の若本規夫、「ミノカサゴ」役の高山みなみ、「アユカケ」役の梶裕貴と、豪華声優陣が続々と出演し、話題を呼ぶ中、花澤が演じるのは一体どんな海洋生物なのか? しかも今回は、1人2役に挑戦。どこで登場するのか、本日のオンエアに注目だ。

 本作の第2章が開幕となる第5話では、ついに海音が倫太郎に自分の正体を告白。海音の告白を聞いた倫太郎の反応は? さらに、倫太郎が海音の部屋であるものを発見。それは倫太郎がずっと探していたもので…。海音は一体何者なのか? そして2人の恋にはタイムリミットが…!? ファンタジーな展開からも目が離せない。

 「私、人間じゃないの」。そんな海音の告白に混乱する倫太郎。海音は倫太郎のことは忘れ、残された期間で海を守ることに集中しようとする。そんな折、「蓮田トラスト」と鴨居研究室が合同で、「星ヶ浜の今と未来」をテーマにしたイベントを開催することに。倫太郎は、海中展望タワー計画の復活を条件に、イベントの責任者を引き受ける。鴨居研究室をプロジェクトから外そうと画策する兄・蓮田光太郎(大谷亮平)と火花を散らす一方で、「まさか海音に騙されている?」と思い悩む。そんな中、海音の同僚・宮前藍花(今田美桜)と倫太郎の弟・蓮田榮太郎(渡邊圭祐)の恋は急進展するが、榮太郎にも秘密があるようで…。イベント終了後、海音の家を訪ねた倫太郎は、そこであるものを目にする。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.