News ニュース

小泉孝太郎、「警視庁ゼロ係」新シーズンに自信たっぷり。「中山美穂さんの加入でスパイシーさが、石田明さんの加入で甘さも増しました」2021/04/28

 テレビ東京系で4月30日にスタートする、金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜Season5」(金曜午後8:00)のリモート記者会見が行われ、主演の小泉孝太郎はじめ、松下由樹、安達祐実、戸塚純貴、片岡鶴太郎、今シーズンから新加入の中山美穂が出席した。

 同ドラマは、厄介払いされたメンバーが集まる。杉並中央署「なんでも相談室」(通称・ゼロ係)のを舞台に、“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦(小泉)と、“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三(松下)の迷コンビが、個性豊かなメンバーと共に難事件を解決していく刑事ドラマ。

 まず、シーズン5の決定に小泉は「本当に想像していませんでしたし、ここまでやらせてもらえた喜びと、また現場でみんなに会えるという喜びがありました」と率直な思いを口にし、松下も「私にとってはこれまで『ナースのお仕事』(フジテレビ系)のシーズン4が最長で、『ゼロ係』で更新できたらいいねと小泉さんと話していました。それが実現できてうれしかったです。本当に面白いドラマなので、皆さんに早く会いたいと思っていましたし、思いきり演じたいと思っています」と笑顔を見せた。

 今シーズンから参加し、捜査一課の管理官・保科玲を演じる中山は「最初オファーをいただいた時は、捜査一課の管理官役ということで、なんで私にいただけたのかというのが不思議で、想像がつきませんでした」と告白。「今まで演じたことがない役柄なので、セリフが難しいと思い、勝村政信さんに相談したんですが、『泣きながら覚えなさい』と言われまして、実践しています(笑)」と先輩に活を入れられ、撮影に挑んでいることを明かした。

 そして、小泉は最後に「シーズン5は美穂さんの加入でスパイシーさが増し、(ゼロ係に入る刑事・大林夏彦役の)石田明さんの加入で甘さも増しました。“ゼロ係丼”はいろんな味が楽しめると思います。また、個人的にはシュワシュワッとするテイストがあると思うので、『ゼロ係』にしかない余韻、刑事ものというものを楽しんでいただければと思います」と、今シーズンの魅力を自信たっぷりにアピールした。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.