News ニュース

北川景子&永山瑛太、赤ペン瀧川のドラマ紹介を絶賛!「リコカツ」SP動画が公開中2021/04/13

 TBS系で4月16日にスタートする、北川景子と永山瑛太が共演する連続ドラマ「リコカツ」(金曜午後10:00)。その放送開始を前に、北川&永山が撮影の裏側を語り、スペシャルサポーターである赤ペン瀧川が本作の魅力をあらためて紹介する3分プレゼンスペシャル動画が、ドラマ公式YouTubeチャンネル(https://youtu.be/0u8iY_qeUns)で公開された。

 ドラマは、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を、“リコカツ”というキーワードを通じて描き出す“離婚するかもエンターテインメント”。運命的な出会いをしたファッション雑誌の編集者・水口咲(北川)と、航空自衛隊に編成されている航空救難団の隊員・緒原紘一(永山)が、交際ゼロ日で結婚するが、結婚生活数日にして離婚を決意。離婚を契機に本当の恋愛が始まるオリジナルのラブストーリーだ。

 公開されたスペシャル動画では「ドラマプレゼンター」として活躍する瀧川が進行を務め、北川と永山を前に、ドラマの見どころを3分にまとめたプレゼン動画を披露。1話を見て「すごく面白かった!」と言う瀧川の熱量が詰まったプレゼン内容に、北川と永山は夢中になる。プレゼンが終わると、北川は「すごい! このVTRをあちこちで流そうかな(笑)。ぐうの音も出ません」と興奮気味に話し、永山も「最高でしたね!」と拍手を送った。

 そして、視聴者から寄せられた質問に、北川と永山が答えていく企画も。自身が演じる役の印象やオフの日の過ごし方、お互いの印象の変化など、プライベートの様子も垣間見えるさまざまな質問にも、2人が赤裸々に答えていく。さらに、新社会人になるという視聴者へ“人生の先輩”としてアドバイスをおくる一幕も飛び出す。

 毎日楽しく撮影に臨んでいるという北川と永山。瀧川から撮影現場の雰囲気について聞かれると、北川は「紘一さんのキャラクターが台本を読んだ時よりもさらに深く膨らんでいて、毎回瑛太さんがどんな紘一さんのお芝居をされるのか楽しみなんです」とうれしそうに明かし、「私から見れば(台本の読み合わせの時から)完全に紘一さんになっていて、大河ドラマの時にお見かけした瑛太さんとは全然違う雰囲気で『どうしよう、遅れをとっているかな…』と不安になったんですけど。逆にこちらは作り込みすぎず、自然に振り回されたりすればいいものができるんじゃないかなと思った」と、永山が扮(ふん)する紘一のおかげで、咲を演じる上でのビジョンがより明確になったことを教えてくれた。

 一方、永山も「リアクションが重要になってくると思っていて、北川さんが完璧な受けをしてくださるんです。いろんな役柄の思いや複雑な感情の流れや瞬間的なものを、北川さんがしっかりと咲として受けてくださるので、信頼して楽しくやっています」と語り、北川とのコンビネーションのよさを見せた。

 2人は完成した1話を一足先に見たということで、北川は「自分で言うのもなんですが、やっぱり咲と紘一さんの掛け合いが面白くて。会話をまず楽しんでもらいたいのと、離婚活動をする2人が本当に離婚をするのか、しないのか。するとしてどんな離婚なのか、それとも思いとどまるのか。2人の関係性に注目していただきたいです」とあらためて本作の魅力を伝え、永山も「見どころはすべてだ!」と紘一のキャラクターそのままにアピールした。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.