News ニュース

KAT-TUNが「何するカトゥーン?」の事前番組が放送&配信!2021/03/31

 フジテレビTWO ドラマ・アニメとFODプレミアムでは、フジテレビで4月19日から放送されるKAT-TUN 15th Anniversary Program「何するカトゥーン?」(深夜0:55、関東ローカル)の事前番組「何するカトゥーン?#0」を本日3月31日(午後10:00)から放送・配信する。

 KAT-TUN(亀梨和也、上田竜也、中丸雄一)が今年3月22日でデビュー15周年を迎えたことを記念して制作される「何するカトゥーン?」では、ソロでも多方面で活躍中の3人が、「15周年の今だからこそ3人で〇〇やってみた!」をテーマに、各メンバーが考えた「3人で今やってみたいこと」に、他の2人が付き合わされるという内容だ。

 事前番組では、これまでのグループの歩みや自身の変化について、メンバーへの思いなどを3人が本音でたっぷりと語る。このほど、その収録と「何するカトゥーン?」のオープニング映像&ポスター撮影が行われた。

 亀梨はデビューからの15年について聞かれると、一言一言、かみ締めるように真摯(しんし)に答えていく。話題がメンバーのことに移ると柔らかな表情になり、デビュー当時6人だったグループが現在の3人体制になり「3人で補うというより、紡いでいく感じ」と答えた。

 インタビューを終えると、オープニング映像&ポスター撮影へ。4月より放送するレギュラー回ではメンバー3人全員が集まっての収録となるが、今回の事前番組においては収録が急きょ決まったこともあり、スケジュールの合間をぬって3人が次々とフジテレビに訪れて1人ずつ撮影、後ほど合成するという手法で進めることに。

 トップバッターで撮影に臨んだ亀梨は、右に上田、左に中丸がいる想定でコメントを撮影。スタッフからの難易度の高い要求に「むずっ!」とこぼしながらも、難なくこなしていくさすがの器用さ。メンバーカラーであるピンクの花束とケーキを手に、15周年のお祝いムードたっぷりな撮影になると「“1人でお祝いしたい人”みたいだよね?」と笑う場面も。

 亀梨と入れ替わりで上田がスタジオへ。KAT-TUNの強みや、グループとソロ活動の違いなどを聞かれると、上田はじっくり考え、言葉を選びながらまっすぐに回答。時折、宙をあおぎ見たり、顎に手を添えたり、身振り手振りを交えて思いを語る。途中で“KAT-TUNの強み”を問われると、なんとも上田らしい回答が即座に飛び出し、現場にいたスタッフも思わず納得の一声。終始、淡々と話す上田だが、ふと笑顔を見せる場面もあった。

 続いてオープニング映像&ポスター撮影に移ると、上田はクールなたたずまいは崩さずに、時折ほえ笑みながらカメラを見つめる。メンバーカラーである青色の花束を渡されると「お、メンバーカラー?」と片手で花束を持ち上げ、ワイルドに肩に担いだ。さらに青色のケーキが差し出されると思わず「体に悪そうな色だなぁ…」とつぶやき、笑いを誘った。

 中丸が最後に登場。「何するカトゥーン?」の放送について「15周年を番組として扱ってもらえるなんて。こんな機会はない」と感謝を口にし、スタッフからの質問に丁寧に答えていく。メンバーへの思いを聞かれると「亀梨くんは美学がある、上田くんは努力の人」と、より優しい声色で穏やかに話す。

 オープニング映像&ポスター撮影では、“お祝い”を演出するためのクラッカーに対して「大きい音が苦手なんです」と、なかなかひもを引くことができない。意を決してクラッカーのひもを引き、パンッと音が鳴るたびに「わっ! 怖いー!」と声を上げ、カメラマンから笑顔を求められるも、それどころではない様子。紫色の花束を渡されると「クラッカー入ってないですか?」とビビり全開でスタッフを笑わせた。

 個性あふれる、三者三様のKAT-TUNの姿を見ることができる事前番組を楽しみつつ、本編「何するカトゥーン?」の放送を待ちたい。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.