News ニュース

大政絢、30歳の節目でグルメドラマ初主演。コナリミサトの「ひとりで飲めるもん!」が実写化2021/03/31

 大政絢が、6月4日からWOWOWプライムで放送、WOWOWオンデマンドで配信される、WOWOWオリジナルドラマ「ひとりで飲めるもん!」(金曜午後11:30)に主演することが分かった。

 グルメドラマ初主演の大政が演じるのは、バリキャリの紅河メイ。化粧品会社「コスメーズ」の広報部に勤務する28歳で、容姿端麗なうえ、若くして広報部のリーダーに抜てきされる仕事ぶりから、社内では一目置かれる存在だ。そんなメイは、職場ではクールで何事も完璧なキャリアウーマンだが、仕事が終われば一転して一人飲みを謳歌する、社内では知られざる別の顔を見せる。ドラマの原作は、「凪のお暇」「珈琲いかがでしょう」など実写ドラマ化が相次ぐコナリミサトの人気コミック。大政が二面性のある役柄で女優として新境地に挑む。

 大政は「自分がちょうど30歳の節目となる年齢でこのお話をいただき、とても光栄な気持ちと緊張感が同時に来ました」と喜び、「コナリミサトさん原作を読んだ時に、1人の女性が仕事を全力で頑張りながらチェーン店で一人飲みする主人公の姿を見て肩の力が抜けたというか、自分自身もリラックスしてやろうという気持ちになれました」と明かす。

 また、役柄については「メイはとても仕事ができ、完璧人間に見られるのですが、1人の時間になった瞬間、人間味があふれ出します。そんな姿をとてもいとおしく感じました。私も食べることが大好き! お酒を飲むことが大好き! それを息抜きや頑張る糧(かて)にしているタイプなので、とても共感しながら演じました」と話している。

 ドラマには、毎話1店舗ずつ実在の飲食店が登場するのも大きな見どころ。「天丼てんや」「餃子の王将」「吉野家」「はなまるうどん」「かつや」「フォルクス」「カレーハウス CoCo 壱番屋」「スシロー」と、誰もが知る有名チェーン店がずらりと並ぶ。

 「この作品は実在しているチェーン店にご協力をいただきながら撮影をしています! 大変な時期ではありますが、食べる喜び、幸せを存分に感じられる。そして、誰しもが一度は行ったことがある場所なので、とても共感できて食べにいきたくなる。そんなドラマになっています!」と大政もアピール。「仕事や学校、子育てなど、皆さん自分の中に感じているお疲れがあると思いますが、OAされる時には、一人飲みセットを用意しながら一緒に乾杯して癒やされてほしいなと思っています!」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.