News ニュース

光石研が中村倫也主演「珈琲いかがでしょう」に出演。猿田彦珈琲とのコラボグッズ発売も決定2021/03/22

 テレビ東京系で4月5日からスタートする、中村倫也主演の連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」(月曜午後11:06)で、主人公の移動コーヒー店「たこ珈琲」店主・青山一(中村)の過去に深く関わるキーパーソン・たこ役に光石研が決定。さらに、劇伴音楽をHAKASE-SUNが制作することが分かった。

 ドラマは「凪のお暇」などで知られるコナリミサト氏による同名漫画を原作に、主演の中村、共演の夏帆、磯村勇斗を迎えて実写化。さらに、監督・脚本を映画「かもめ食堂」(2006年)などで知られる荻上直子氏が担当し、“奇跡のタッグ”が実現。中村が演じる主人公の青山がさりげない言葉で人々を癒やす、優しくもほろ苦い“人情珈琲群像劇”が描かれる。

 映画「博多っ子純情」でデビュー以降、さまざまなドラマ・映画に引っ張りだこのバイプレーヤーの光石が扮(ふん)するホームレスの男性・たこは、主人公・青山の過去に深く関わり、「たこ珈琲」のルーツとなる物語の後半でキーパーソンとなる人物。なぜ青山は移動コーヒー店の店主になったのか、なぜ「たこ珈琲」と名付けられたのか。気になる青山の過去とは?

 本作への出演について、光石は「僕が演じたたこさんは、本当にセリフがいいんです。『ど底辺の生活でも、せっかくなら彩りってもんが欲しいじゃないの』とか『小粋にポップに生きたい』とか。日々の生活、営みのすべてがコーヒーの味に出る。何を見て、何に触れ、何を感じているか。こんなセリフが僕、光石研自身に降りかかってきて、グサグサと刺さりました。自分は何を感じ俳優をやっているか? こんな深いセリフを、ちゃんと魂込めて言えているか? はたまた自分は、子どもの頃に憧れていた大人になれているのか? 自問自答できるすてきな役でした!」と役柄に感激した様子で、喜びのコメントを寄せている。

 また、原作ではおなじみの“たこカー”の全貌と、中の様子が先行公開されたほか、人気コーヒー店「猿田彦珈琲」による全面協力が決定し、ドラマの撮影開始前には、中村への技術指導が行われた。練習のかいあって、中村のコーヒーを淹れる腕がかなり上がっているとのことで、そのプロ顔負けの(!?)バリスタっぷりは注目だ。さらに「珈琲いかがでしょう」&「猿田彦珈琲」のコラボグッズの発売も決定。ドラマオリジナルブレンドの豆やドリップバッグなどの販売が予定されており、番組オリジナルグッズも発売が決定している。発売日など詳細の続報を待ちたい。

 なお、ドラマに彩りを加えドラマの世界観をより一層盛り上げる、HAKASE-SUNによる劇伴音楽は予告映像でも使用されているので、こちらもチェック。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.