News ニュース

「君と世界が終わる日に」最終回。竹内涼真、中条あやみ、笠松将、飯豊まりえによるウォッチパーティーが開催!2021/03/19

 竹内涼真が主演を務め、日本テレビ系で放送中の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日曜午後10:30)は、3月21日に最終回を迎える。その放送に合わせて、出演者によるウォッチパーティーが開催されることが決まった。

 ドラマは、“生きる屍”=ゴーレムが占拠した終末世界を舞台に、死と隣り合わせの終末世界をたくましく生き抜く、間宮響(竹内)の生き残りを懸けた戦いを、“ゾンビサバイバル×ラブストーリー×ミステリー”の三つの軸を絡めた極限の人間ドラマとして描き出す大型ドラマ。日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、1月から地上波でSeason1が放送中で、HuluオリジナルとしてSeason2が全6話で配信される。

 3月14日放送・第9話では、三原紹子(安藤玉恵)の命をつなぐため、駐屯地グループへ無線越しに取引を持ち掛ける響。そんな中、交渉に応じたのは響の撃った矢に貫かれたはずの小笠原来美(中条あやみ)だった。交渉の場に医師の来美も同席することを約束させた響は、最後に来美にだけ伝わるメッセージを残し、通信を終える。それは響が今も来美を愛していることを意味していた。取引場所であらためて再会する2人。万感の思いがこみ上げる響だが、来美は拳銃を手にし、響へと銃口を向ける。

 怒濤の展開の連続に目が離せない本作だが、その最終回放送直前にHulu(https://www.hulu.jp/livetv/400)、YouTube日テレ公式チャンネル(https://www.youtube.com/watch?v=7jTV8qfxZPY)、日テレドラマ公式チャンネル(https://www.youtube.com/watch?v=LVnEXEM9_l8)、GYAO!(https://yahoo.jp/spl6XU)、番組公式Twitter(https://twitter.com/i/broadcasts/1djxXqLXWgyKZ)、番組公式Instagram(https://www.instagram.com/kimiseka_ntv/)で、特別にウォッチパーティ―企画が決定(Huluはチャット機能付きライブでの配信)。竹内、中条、笠松将、飯豊まりえの4人による放送直前のライブ配信トーク企画に加え、最終回放送直後にもアフタートークも行われる。約6カ月の撮影期間を振り返りつつ、今だから話せる超ぶっちゃけトークや同日Huluで配信開始となるSeason2の見どころについて語る。配信開始は、第1部が午後10:30、放送後のアフタートークとなる第2部は、午後11:23スタートの予定。

 3月21日放送のSeason1・最終回では、来美が響に銃口を向け発砲。さらに突然、その場にいた駐屯地の人々の間で次々とゴーレム化が発生し、首藤公貴(滝藤賢一)のもとへと逃げ帰る来美に、響はショックを受ける。その日、響たちが持ち帰った抗生剤のおかげで紹子が持ち直す一方、桑田陸斗(浅香航大)は首藤が完成させたというワクチンが、何か恐ろしいものであることに気付き始めていた。

 そんな中、御前崎(宇野祥平)は紹子の元夫が残した手帳の内容に、気になる記述を見つける。そこには「緊急シェルター73.4」とあった。ラジオのチャンネルを合わせてみると、「希望の家」と名乗る発信者が生存者たちに港に集まるよう呼びかけていた。呼びかけの時間は翌日。来美のことを諦めきれない響だが、仲間に説得され、一緒にシェルターを目指すことにする。

 一方、駐屯地では来美が首藤からある約束を迫られていた。それは「響を自分の手で殺す」というもの。そんな中、島から姿を消した響は、仲間たちに別れも告げず、1人で駐屯地の来美のもとを目指す。そんな響の行動に憤慨する仲間たちだが、その時、港から希望の鐘のような船の汽笛が聞こえてくる。それは「希望の家」と名乗る船の汽笛だった。

 響はいよいよ変わり果てた駐屯地を警戒しながら進む。そこには首藤に閉じ込められたユン・ジアン(玄理)がいた。ジアンから冷凍保存装置の中にあったある物の正体を聞く響。ついに首藤の倒錯した本性が明らかになり、首藤が用意した最も残酷な復讐(ふくしゅう)の舞台が、響の前で幕を開ける。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.