News ニュース

小越勇輝、香音、猪塚健太が「高嶺のハナさん」ですれ違いの恋に参戦2021/03/12

 小越勇輝、香音、猪塚健太が、泉里香が主演を務め、BSテレ東で4月10日スタートの真夜中ドラマ「高嶺のハナさん」(土曜深夜0:00。テレビ大阪=土曜深夜0:56)に出演することが分かった。

 ドラマの原作は、ムラタコウジ氏の同名人気コミック。伝統あるお菓子メーカーの商品企画部に勤め、会社では高嶺の花として一目置かれているバリキャリ女子・高嶺華(泉)が、年下のダメ社員に盲目の恋をしてしまうすれ違いラブコメディーだ。華がひそかに恋する企画部一のポンコツダメ社員・弱木強を小越、社内のアイドル・天井苺を香音、ハナと弱木の恋路を左右するモテ男・更田元気を猪塚が演じる。

 小越は「髪を切って、共演者の皆さんに会って弱木役のスイッチが入りました! 弱木くんは、すごくピュアで真っすぐなところが魅力的ですが、とてもハートが強いという一面もあります。そのバランスが難しいところだと思いますが、ぶれない弱木くんを演じていきたいです」と気合十分。また、「ハナさんと弱木くんの、そんなに!?というくらいピュアなところを、笑ったりキュンとしたりしながら、一緒に気持ちが高まっていくような、応援してもらえるような作品にできたらと思います。原作を読んでいる人もまだの方にも純粋に楽しんでもらいたいです」とメッセージを寄せる。

 香音も「苺役に合わせて髪を切ったのですが、こんなに短くするのは初めてでした。役で髪を切ることが夢でもあったので、髪を切ると聞いて本当にうれしかったです」と新鮮な体験をしたようで、「苺ちゃんはブラックな一面を持っていて、ブラックな面はきっと誰にでもあると思うのですが、苺ちゃんはそれが分かりやすく、逆にピュアでかわいいなと思います。連続ドラマにレギュラー出演することが初めてなので、緊張とドキドキがすごくありましたが、読み合わせでの皆さんのキャラクターが本当に面白くて、勉強することもたくさんあったので、周りの温度感も感じながら、自分らしく苺ちゃんを演じていきたいです」と意欲を燃やしている。

 そして、「ウザくてチャラくてジャマばかりするチャラ田。そんな彼を演じさせていただくうえで、役作りとして自分と似ているところはあるかなと探してみたのですが、今のところ見つかっておりません。絶賛チャラ田の理解者になる努力真っ最中でございます」と新境地に挑む猪塚は、「そんなチャラ田ですが、どうしても嫌いにはなれない、そんな不思議な魅力も彼にはあります。ハナさんや弱木、苺ちゃんたちとのドタバタの中で、人間として、男としてのチャラ田の心の変化も感じていただけるよう、全力で演じつつ楽しみたいと思います。皆さまには、ハナさんと弱木のなかなか発展しない恋を見守ってもらいつつ、苺とチャラ田で勝手に四角関係に持ち込んでかき回す具合も楽しんでいただけたらと思います」とアピールした。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.