News ニュース

NMB48・渋谷凪咲が明かす、人生の“アゲ”と“ショゲ”とは?2021/03/10

 フジテレビでは3月10・17日に、水曜NEXT!「令和にはありえない!?ニュースになったアゲ人生」(深夜0:25、関東ローカル)を放送。かつて大きなニュースになるほど有名だった“あの人”の、その後の人生を学んでいくバラエティーで、いいこともそうでないことも、主人公の人生の“アゲ”(いいこと)と“ショゲ”(悪いこと)を徹底した取材を基に描く。

 さらに、ニュースになった人物の人生を振り返る上で欠かせない再現VTRには、スタジオメンバーのかまいたち、あんり(ぼる塾)、渋谷凪咲(NMB48)がAI技術を駆使して登場。一体どんな仕上がりになっているのか、注目だ。

 1980年、一躍“時の人”となった大貫久男さん(当時43歳)は、仕事中に銀座の路上で1億円の落とし物を拾った人物。かまいたち・濱家隆一は「街で新聞紙だと思って拾ったら1億円ってー!」、山内健司も「そんなことある!?」とにわかに信じられない様子。ニュース映像を振り返りながら、当時現場を取材していた東海林のり子リポーターと中継をつなぎ、詳しく話を聞いていく。

 そして、番組では、大金を拾った大貫さんのその後の人生を徹底取材。ドラマ出演や、マンション購入時のエピソードなどが明らかになり、実は大貫さんの親戚がよしもと芸人であるることも判明し、家族だけが知る“アゲ”“ショゲ”エピソードも語られる。

 また、2005年、試合中にかつらが取れてしまうという衝撃映像とともに“かつらボクサー”として超有名になった小口雅之さんも追跡。本人が中継で登場し、今だから話せる試合の裏側、その後の人生について語ってもらう。

 さらに、中学1年の時に家出し43年もの間、洞窟や山で暮らしていた“洞窟おじさん”こと加村一馬さんの人生を深掘り。なぜ13歳の少年が、着の身着のままで家を飛び出しお金も持っていない中で生活できたのか? 番組スタッフは、現在の加村さんをインタビュー取材することに成功。書籍にもなった、加村さんの人生とは!? 43年間人と接していなかった男性が社会生活を送れるようになるまでの苦悩、そして幸せをひもといていく。

 収録を終えた渋谷は「人生って本当に“アゲ”“ショゲ”があるんだな、って。1億円を拾ったことがいいことでも、その後自分がどう生きるかで最終的な“アゲ”“ショゲ”が決まるんだな、と。深いです。いいことがあったら喜ぶ、悪いことがあっても次にいいことがあるんだ、と信じてこれから生きていきたいと思いました。勇気をもらえる番組ですよ!」とアピール。

 スタジオは大喜利大会のようになるそうだが、「あれは“ぽっ!”と出てくるんです。逆に考えると変な感じになるので、思いついたままなんです。かまいたちさんとは大阪で8年くらいご一緒させていただいており、安心感もあって楽しくトークさせていただきました」と満喫した様子。

 自身のアイドル人生に関しては「NMB48に入って、研究生の時に“てんとうむChu!”というユニットを結成させていただきました。そのメンバーでレギュラー番組を持てたり、バラエティー番組で土田(晃之)さんと共演させていただいたり…“アゲ”でしたね。当時は何も分からず楽しんでいたのですが、その後は、実力が試される“ショゲ”の時期に。大人の力でいろいろとやってもらっていたのが、今度は自分の力でやらなくては、と思い始めました。そんな時に、関西でバラエティー番組などに出させていただけるようになり、かまいたちさんにもお世話になりました。徐々にテレビに出させていただけるようになっていき、先日、土田さんともまた共演させていただきました。まさに“アゲ”! うれしかったです。もっと“アゲ”になれるように頑張ろう!と思いました」と山あり谷ありだった過去を振り返りつつ、ポジティブに語った。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.