News ニュース

FM福岡主催ダンスコンテスト、今年はオンラインで。 決勝審査にはDA PUMP・KENZOが登場!2021/03/03

 1月からレギュラーシーズンがスタートした、ストリートダンス初のプロリーグ「D.LEAGUE」。日本における競技の発展と普及を図るとともに、ストリートダンスのプロフェッショナルを生み出そうと2020年8月に発足した。アートとスポーツ、そしてビジネス面での新たな価値を創造し、ダンサーがメインの新しい世界を作り上げるという名目も。さらに、24年のパリ五輪には「ブレイキン」も新競技として追加されるなど、ダンス市場の成長性は期待されている。

 ダンス経験者は国内に約2000万人いるといわれ、日本各地で盛り上がりを見せている。福岡ではエフエム福岡主催のダンスコンテスト「JAPAN DANCE & MUSIC FESTIVAL」が開催されてきた。

 同大会は、小・中学生以下のダンサーが対象で「福岡市長杯ジュニアストリートダンスコンテスト」と「アーティストのライブ」を組み合わせたイベント。12年から毎年10月に開催され、19年の前回は78組のチームが応募し、会場となったキャナルシティ博多(福岡市博多区)には約4000人の観客がつめかけた。今年3月に行われる9回目は、大会の形をオンラインとし、新型コロナ感染拡大防止の観点から“ソロダンス”のみを募集する。

 一次審査は動画と書類で選考。決勝へ進出できるのは上位10人で、その審査会をオンラインで行う。また、決勝とその審査の模様は後日YouTubeで配信される予定だ。

 審査員長はBE BOP CREWのSO。結成39年の日本を代表する“福岡発”ダンスチームのリーダーだ。数多くの映画、CMなどに出演し、DA PUMPの振付も担当するなどマルチに活躍するダンサーである。決勝の審査にはスペシャルサポーターとして、DA PUMPのKENZOが登場。福岡出身の彼はダンス世界大会で前人未到の8年連続優勝を飾り、ダンス界の“最重要人物”と称されている。福岡が誇る2人がどんなコメントをするのか? コンテストのパフォーマンスはもちろんだが、審査の模様にも注目したい。

【SO コメント】
「このコンテストは、キッズたちのダンススキルももちろん大事ですが、踊る楽しさを表現してることも大事だと思ってます。カメラに向かって思いっきり“自分らしさ”を出してください!」

 応募の締め切りは、3月7日午後11:59。そのほか詳細は公式サイト(https://fmfukuoka.co.jp/event/609.html)をチェック。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.