News ニュース

「お笑い二刀流」サンドウィッチマン&アンタッチャブルが胸アツお笑い談義!2021/02/15

 テレビ朝日系では本日2月15日に、番組MCを務めるサンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけしのもとに集結し“漫才”と“コント”の2ネタを披露する豪華なネタ番組第3弾「お笑い二刀流 MUSASHI 最強ネタ全部見せます! あのM-1チャンピオンも二刀流に挑戦したぞSP!!」(午後6:45)が放送。

 今回、この二刀流ネタにアンタッチャブルの柴田英嗣と山崎弘也がスペシャルゲストとして挑戦。「この機会に、腹を割ってお笑い談義でもしましょう!」というサンドウィッチマンとアンタッチャブルは、「漫才とコント、どっちが楽しい?」など“お笑い”に関する思いを激白。また、「ネタ作りはどうしているの?」というテーマでは、アンタッチャブルの意外なネタ作りの流れが明らかになり、その高度な技術にサンドウィッチマンが「さすがだわ~!」と脱帽する一幕も。さらにサンドウイッチマン、アンタッチャブルが共に大きな影響を受け、今も尊敬しているという“あるコンビ”の秘話も明かされる。

 「『お笑い二刀流』はコントと漫才を両方やるという芸人にとっては非常に労力のかかる番組なんです」と語るのは伊達。「今回は、歴代の最強ネタを放送するということで、僕自身もとても楽しみですね。そして、前回のネタが大反響で伝説を作ったアンタッチャブルさんが、今回もスペシャルゲストとして来てくださいました。4人でいろんな話をしたので、それも楽しんでいただけたらうれしいです」とアピールした。

 富澤も「このコロナ禍で、お笑いを見る人が増えているという話を聞きました。そういう状況の今、また『お笑い二刀流』が放送できることになって、本当にうれしいですね。ぜひこの番組を見て、お笑いに興味をもっていただきたいです。そして、ライブに来られる状況に戻った際には、ぜひ劇場にも足を運んでもらえたらいいなと思います」と、お笑いへの熱い思いを述べた。

 そして、柴田は「前回出演させていただいた時は、漫才とコントをやって、汗ビショビショになりました。今回は、おじさん4人でおしゃべりもしました(笑)。そんな僕らのおしゃべりも楽しんでいただけるといいんですけど……『早くネタ見せろ!』って言われなきゃいいな、とちょっと心配ではありますが(笑)」とコメント。

 さらに、山崎は「前回『お笑い二刀流』に呼んでいただいた時はネタを2本やって、クタクタになりました。1日に漫才とコントを2本やるというのは、なかなか大変なので……(笑)。今回はトークをすると聞いて、正直ちょっとホッとしたところがあります(笑)。サンドウィッチマンと4人でいろんな話をしましたが、疲れることもなく(笑)、とても楽しかったです」と正直な感想を口にした。

 サンドウィッチマン、アンタッチャブルをはじめ、中川家、かまいたち、ジャルジャル、パンクブーブー、アルコ&ピース、コロコロチキチキペッパーズ、シソンヌ、ニューヨーク、すゑひろがりず、マヂカルラブリー、おいでやすこがといった人気と実力を兼ね備えたコンビが集結する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.