News ニュース

テレ東×めちゃコミ、漫画化&ドラマ化のコラボコンテストを開催! 町田啓太がドラマの主演&審査員に2021/02/01

 テレビ東京と、電子コミック配信サービス「めちゃコミック(めちゃコミ)」を提供するアムタスは、“漫画化”と“ドラマ化”を同時に実現する作品を選ぶコンテスト「僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!」を共同で開催する。

 まず、コンテストに出品する漫画を描く漫画家としてエントリーを行い、そこから6人の漫画家が選抜される。6人にはそれぞれ担当編集者がつき漫画制作をスタート。2次選考で3作品まで絞り込み、大賞となる1作品には漫画化とドラマ化、賞金100万円が贈呈される。選外となった2作品には「めちゃコミック」連載に加え賞金50万円が贈られる。

 その漫画を制作していく様子や、審査によりどのように選ばれていくか、さらに大賞作品をドラマ化していく様子などをドキュメンタリー番組として見せていく試みも予定されている。プロアマを問わず、過去に執筆した作品などでの応募も可能。また、番組制作を行うため、応募者は顔出し出演の可能性があるが、希望しない場合は顔を隠すこともできるという。

 本コンテストを企画したテレビ東京の太田勇プロデューサーは、「もともとバラエティー番組出身で『企画はゼロから考える』と教わってきました。なのでドラマを作る部署に来て『ドラマになりそうな面白そうな原作漫画を探そう』と言われた時に違和感を覚えました。その時に、どうせならドラマの原作となる漫画から自分で作って、それをドラマ化したいと思いました」とその意図を説明する。

 さらに、「俳優さんも漫画好きな人が多いので、自分が主人公の漫画を描いてもらえるとなったら喜んでもらえるし、楽しんで演じてもらえるのでは?」と考えたという。そこで、事前に主演俳優がコンテストの審査員の1人に加わるという異例のオファーを受けたのが、劇団EXILEの町田啓太だ。

 「実は、いつか作品の企画や制作段階から携われたらと常々思っていたので、今回参加できるこの挑戦的で新たな企画が本当に魅力たっぷりで、自分自身の希望がかなう機会をいただけたことに感激しています」とこの企画に興味津々な様子の町田。「僕は漫画を読んだ時に何か“希望”の見える事柄に心動かされたり、すてきだなと感じることが多いです。この機会に、皆さんご自身が大事にされていたり、大切だと思う希望への寄り添い方なども知れたらうれしいなと思っています。皆さんが僕に対してどんな視点から、どんな物語を創造してくださるのか、そして新たな一歩を一緒に歩み出せることを心から楽しみにさせていただきます」と意気込みを語った。

 そして、めちゃコミックオリジナル編集長・山内稔氏は「町田啓太さんという人気と実力を兼ね備えた俳優さんを主演に迎え、テレビ東京さんと画期的なチャレンジを展開できることにワクワクしています。ドラマ化前提での漫画コンテストは、漫画家にとってものすごいチャンスではありますが、一方で、プレッシャーは大きくなると思います。テレビ東京、太田プロデューサーのお力をお借りしつつ、ご応募いただく皆さまの不安を解消しサポートしていきたいと思っております」と期待を寄せ、「不器用でも漫画家の強い思いや拘りの詰まった作品には光るものがあります。町田啓太さんに演じていただける魅力的なキャラクターをベースにご自身が思い描く魅力的なストーリーのご提案をいただけること、楽しみにしています。皆さまのご応募を心待ちにしています」と呼び掛けている。

 本コンテストの詳細、エントリー方法は「めちゃコミック」のオリジナルブランド「めちゃコミックオリジナル」特設ホームページ(https://original.mechacomic.jp/lp/tvcontest/)をチェック。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.