News ニュース

「麒麟がくる」井上瑞稀が監督の言葉に奮起! 総大将として先頭に立つ織田信忠役で存在感2021/01/12

 長谷川博己が主演を務め、NHK総合ほかで放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜午後8:00ほか)に出演するHiHi Jets/ジャニーズJr.の井上瑞稀が、1月10日に放送された第40回での出演シーンについて感想を語った。

 同作は、戦国武将の明智光秀(長谷川)を主人公に、織田信長(染谷将太)、豊臣秀吉(佐々木蔵之介)、徳川家康(風間俊介)ら歴史に名を残す戦国大名たちが英傑となっていく姿を描くもの。井上は、信長の長男にして、帰蝶(川口春奈)に育てられた信長の後継者・織田信忠を演じている。

 第40回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」では、大坂本願寺攻めの最前線から、突如、松永久秀(吉田鋼太郎)が逃亡をはかり、織田方に衝撃を与える。筒井順慶(駿河太郎)に大和の守護の座を与える信長(染谷)の、家筋を重んじる態度が許せないという松永は、自分に大和を任せる本願寺側につくと明言する。信貴山城(しぎさんじょう)に立て籠った松永に対し、信長は嫡男・信忠を総大将とする大軍を大和に送り込む。

 重臣たちを率いる総大将を勇ましく演じた井上だが、テストの際に監督から「そんなんじゃ、誰もついてこないよ」と指摘されたそうで、そのことにより「逆にリラックスできました。声の張り方や動作など、自分がやるべきことがはっきり理解できたので」と監督の言葉に奮起。それ以降は「総大将として自分がみんなを引っ張っていく!」という気持ちがより一層入り、「楽しく撮影できました」と振り返っている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.