News ニュース

志村けんさんが大ファンだったPerfumeとの対談で“コントの職人”としての生きざまを語る2020/05/07

 NHK Eテレでは、今年3月にコロナウイルスによる肺炎で亡くなったコメディアン・志村けんさんをしのび、2015年11月14日放送の「SWITCHインタビュー達人達(たち)『志村けん×Perfume』」を一部内容を変更して、5月8日(深夜0:00)に放送する。

 同番組は、番組の前半と後半でゲストとインタビュアーを「スイッチ」しながら、成功への道筋や、独自の哲学を語り合うクロストーク番組。さまざまな追悼番組が組まれている中で、今なお笑いを届け続けている志村さんは、一体どのような思いで、およそ半世紀にわたって、お笑いの第一線を走ってこられたのか? その足跡をあらためて振り返る。

 実は、Perfumeの大ファンだったという志村さん。3人が普段練習しているスタジオを訪れ、迎えた本人たちを前にして照れまくる。Perfume仕様のハイヒールを試着し、世界を魅了する独特の歌やダンスの秘密に迫っていく。元は平仮名だったグループ名、髪形を変えない理由など、デビュー以来の数々の裏話や本音も引き出していく。一方「知らない人についていく」ほど、徹底した人間観察が癖になっているという志村さん。「バカ殿様」「変なおじさん」など人気キャラクター誕生の瞬間から、結婚しない理由まで“コントの職人”としての生きざまを3人に真摯(しんし)に語る。

 また、志村さんの訃報にあたりPerfumeがSNSでメッセージを発信。それは番組での対談を思い出してのことで、今回の放送でも紹介する。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.