News ニュース

庄司浩平が「魔進戦隊キラメイジャー」“銀の新戦士”で俳優デビュー2020/04/30

 テレビ朝日系で放送中のスーパー戦隊シリーズ第44作「魔進戦隊キラメイジャー」(日曜午前9:30)。6月上旬放送(予定)から、待望の追加戦士・キラメイシルバー/クリスタリア宝路の登場が決定した。演じるのは、俳優デビューとなる庄司浩平。俳優やモデルで構成されたエンターテインメント集団・男劇団 青山表参道Xに所属する庄司は、初めて受けたという本作のオーディションに合格し、デビューが決定した期待の新人。趣味・特技がバスケットボールという185cmの高身長を生かして、パワフルな銀の戦士役に臨む。

 新戦士役を射止めた庄司は「オーディション自体、ほとんど受けたことがなかったので“とにかく印象に残るように”と心掛けていました。審査してくださる方から質問をされた際には、『ここだ!』とばかりに話をした記憶があります。手応えというより『今回のオーディションも楽しくしゃべったなぁ』という印象が強かったので、まさか受かるとは…と信じられない気持ちでした。決定した時は正直実感が湧かなかったのですが、撮影が始まる前に衣装合わせをしたり、セット見学をしてようやく…という感じでした。知らない世界に飛び込んでいくワクワクした気持ちは今も変わらず持っています」と、新人とは思えない堂々とした様子を見せた。

 キラメイシルバー/クリスタリア宝路は、自慢の怪力でパワーあふれる攻撃を繰り出す銀の戦士。豪快で大胆、明朗快活な性格を持ち直感的に動くタイプで、周囲の人々をぐいぐい引っ張っていく頼もしさも持ち合わせている。そんな自身の役どころについて庄司は、「力持ちで頼もしいキャラクターである一方、少し周りと意識や考えの違いがあるので、いかにそのズレを分かりやすくするかも大切だと思っています。彼は自然な振る舞いをしているのに、見ている側からは『コイツちょっと変だよな、ずれているよな』と感じられるように演じようと心掛けています」と演技プランを披露した。

 また、パワフルで頼もしい戦士である一方、「ワンダーキュート!」「ワンダーサンキュー!」など、何にでも「ワンダー」を付けて話す口癖があり、初対面の人を戸惑わせてしまうというおちゃめな一面も。「陽気な性格や『ワンダー』といった言葉遣いのせいで、もしかしたら軽薄に見られるかもしれませんが、彼には心(しん)があり、真剣に物事と向き合う強さがあります。そういう面もお見せできるよう頑張ります。キラメイシルバーになるとすさまじい強さを見せることになるので、変身前との落差を感じられるようにしたいですね。ほかのメンバー同様、完璧でないところも彼の魅力の一つだと思います」と自身の役を分析した。

 そして、歴史あるスーパー戦隊シリーズへの出演については、「僕は『特捜戦隊デカレンジャー』を見ていました。このように子どもたちのヒーローになるということは、とても意味のあることだと思います。幼い頃に見たものはすごく心に影響しますし、大人になってからも根底に残る部分の一つになるかもしれない。そう考えると責任重大ですが…とにかく面白い、かっこいいとポジティブな感情をたくさんもっていただけたらうれしいです。そして、『キラメイシルバーのようになりたい!』と思っていただければこんなに幸せなことはありません。型にはまらない新鮮なキャラクターとして『キラメイジャー』を盛り上げていけるように頑張ります」と、役同様の力強さで宣言した。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.