News ニュース

光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷・福岡でノープラン旅! 野間口徹も参戦2020/11/16

 光石研、松重豊、鈴木浩介の名バイプレーヤー3人が、故郷の福岡を旅する「光石研☆松重豊☆鈴木浩介 俺達のノープラン×ドライブ2」(午前10:30=FBS福岡放送制作)が、日本テレビで11月28日に放送される。

 同番組は、映画にドラマにひっぱりだこの光石、松重、鈴木が、故郷の福岡県で成り行き任せのガチンコ旅を繰り広げる旅バラエティーの第2弾。今回は、第1弾の放送を見た本人たっての希望で、同じく福岡県出身の野間口徹が第4のおじさん俳優として緊急参戦する。

 旅は、福岡市の中心にある大濠公園からスタート。福岡市の中心部にほど近い憩いの場所で3人にもいろいろな思い出が。思わず青春時代を思い出し、当時付き合っていた彼女の話に発展!? さらに大濠公園といえば、スワンボートということで、じゃんけんで支払いを決めてボートに乗り込む。

 そして、「福岡県民の足」として愛される西鉄バスを貸し切り、本格的にドライブを開始。まずは、福岡の歓楽街・中洲にあるうなぎ店「吉塚うなぎ屋」へ。150年以上続く老舗で多くの芸能人が訪れ、食通のタモリが日本で一番おいしいうなぎと公言している名店だ。3人は、特上うな重の支払いを賭けたゴチバトルを繰り広げる。

 続いて、チューリップや甲斐バンド、井上陽水に武田鉄矢など次々とスターを誕生させた、福岡ミュージシャンの聖地「ライブ喫茶 照和」を訪問。学生時代に聴いていた音楽の話をしつつ、伝説のステージに立ち思わず大はしゃぎする3人。懐かしの名曲がかかり思わず松重が…!? そして、今回緊急参戦となる野間口を福岡空港でピックアップし、令和ゆかりの地・太宰府市にある太宰府天満宮へ。境内の奥にある松重おすすめの店で名物の「梅が枝餅」をいただく。

 そしてなんと、太宰府天満宮を歩いている時に、偶然プライベートで訪れていたムロツヨシを発見するというハプニングも! その後は、前回の放送で乗ったジェットコースターがトラウマになっている光石と鈴木を説得し、太宰府天満宮の隣にある。1957年に開園した昭和レトロな遊園地・だざいふ遊園地へ。絶叫系には乗らないと言い張る2人に松重さんが名物「びっくりハウス」に乗ることを提案。ノリノリの野間口も嫌がる光石と鈴木を説得。どう動くか分からないアトラクションに、またもや2人が悶絶する。そして、旅の最後は福岡市の中心部・天神にある人気屋台「おかもと」へ。4人はお酒を飲みながら盛り上がり、普段聞けない素顔の本音トークも飛び出す。

 光石は「『ノープラン×ドライブ』第2弾! FBSさん太っ腹! 今回もあそこ行ってここ行って、あんなこともこんなことも、揉めたり止めたり突入したり、またまた大笑いしました。そして今回は大物ゲスト(?)が参戦! さらにパワーアップしております。お楽しみください!!」と期待をあおるコメントで番組をアピール。

 松重は「去年、ひょんなきっかけで始まったこの企画、当然1回こっきりで終わると信じていました。次もあると聞いて驚きましたがコロナウイルスでなくなりました。それで立ち消えたかに見えましたが、なんと執念で復活いたしました」と第2弾放送までの道のりを明かし、「芸人さんのようにサービスもしませんし、若い人のように華もありません。気の利いたことも言わないので、見てためになるものでもないでしょう。けれども、これで終わりだという覚悟で、全力でふざけました。よろしかったら、どうぞ試しに見てください」と自虐を交え、視聴を呼びかける。

 鈴木は「同じ福岡県出身の先輩方の思い出の地を巡ると、故郷の空気感と親近感に心が癒やされました。福岡弁丸出しで会話できるのもうれしいものです。久しぶりに食べた博多名店のうなぎや太宰府の梅が枝餅の味に感動でした!」と楽しかった旅を振り返り、「本当に苦手な遊園地のアトラクションも頑張ったので、次回パート3があればオファーお待ちしております(笑)。まずは今回の楽しい番組をぜひご覧ください!」とコメント。

 そして「前回の放送後、なぜ呼ばれてないのだと悲しくなりました」と嘆く野間口は、「今回は参加できてうれしかったです」と喜び、「気心知れた方々と、ただただ楽しく過ごさせていただきました。大人たちのじゃれ合いを、温かい気持ちでご覧ください!」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.