News ニュース

高畑充希「にじいろカルテ」で岡田惠和と連ドラ初タッグ。笑って泣けるチーム医療ドラマ2020/11/17

 高畑充希が、テレビ朝日系で2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」(木曜午後9:00、開始日未定)で主演を務めることが分かった。高畑は本作が同局ドラマ初主演となる。高畑は「今はしんどいニュースが多く、暗い気持ちになってしまうこともあると思いますが、そんな中で、この作品は温かい気持ちになれたり、『明日も頑張るか!』という気持ちになれるドラマだと感じているので、見ていただく方の1週間の癒やしになればいいなと思っています」と語っている。

 本作は、映画「神様のカルテ」や「僕とシッポと神楽坂」(同系)などで知られる深川栄洋監督と、「ひよっこ」「ちゅらさん」(ともにNHK)をはじめ、「イグアナの娘」(テレビ朝日系)や「ビーチボーイズ」「最後から二番目の恋」、現在放送中の「姉ちゃんの恋人」(すべてフジテレビ系)と数多くのヒット作を手掛けてきた脚本家・岡田惠和氏がタッグを組む医療ドラマ。

 秘密を抱えたドクター・紅野真空(高畑)は、東京の大病院の救命救急の現場で働いていたが、ある日突然、ある病が発覚してしまう。医師としての仕事を続けていきたいと葛藤する紅野は、偶然知った山奥の小さな村の診療所で病を隠して働くことになる。紅野はそこでヘンテコな外科医、看護師の男2人と一つ屋根の下でシェアハウス生活を送りながら、個性豊かな村人たちと出会っていく中で、時に笑い、時に泣き、けんかしながらも熱く命と向き合い、成長を遂げていく。

 高畑は「ご一緒できるチームの方々がとても魅力的でしたし、貴島(彩理)プロデューサーともぜひいつか一緒にお仕事したいと思っていたので、最初にお話をいただいた時はとてもうれしかったです。脚本の岡田さんも、過去に一度ドラマでご一緒した際にすごく温かい脚本を書いてくださる方だなと感じていたので、また岡田さんワールドに参加できるのがずっと楽しみでした」とコメント。

 また、自身が演じる真空については「『こういうキャラクターです!』となかなか言い切れない不思議な人なんです。それは真空だけではなくて、今回登場するキャラクター全員がちょっとずれているんですね。その中では真空が一番普通なんじゃないかと思うくらい(笑)。その、みんなのちょっとずつずれているのが隙のようになっていて、すごくかわいく感じたりいとおしく感じたりするんです。今作はみんなで作っているという感じが強く、『真空はこういう人だから』と気負わずに、その時起こったことを楽しみながら演じていきたいと思っています」と意気込みとともに紹介し、作品の魅力にも言及。

 さらに、撮影現場の雰囲気に関しては「ものすごく現場の空気がよくて。映像もすごくこだわっていて、カメラを変えたりライティングにこだわったり、おもちゃみたいなカットがところどころはさみ込まれたりするのですが、そんな温かい空気感の画を撮りながら、キャスト陣、スタッフ陣もすごく楽しんでいて」としつつ、「監督の深川さんもとても優しい方なのですが、その一方ですごくスパルタで(笑)。「もうちょっとこうやってみましょう」とどんどん高い壁を提示されて、みんなパニックになりながら、何度もやってみる…という感じで。長いシーンなどを撮り終わった日は、心地よい疲れでぐったりしながらおうちに帰っています」と、やりがいと充実感を得ている様子。

 そして、最後に「岡田さんの脚本には『そういうこともあるよね』『でも、まぁ、いっか!』と感じさせてくれるメッセージ性のあるセリフが多く、私たちもセリフを言いながら、本当にそうだなと共感しています。刺激的なことが多いリアルな日常の中で、このドラマを見ている時間だけでも『まぁ、いっか』とこわばった肩の力を抜いていただけたらうれしいです」と視聴者にメッセージを送っている。

 岡田氏も「2021年の冬、見てくださる方々の心が少しだけ温まるような、こたつ布団のようなドラマになればと願っております。高畑充希さんとは初めて連ドラでのタッグで、うれしいです。医師だけど決してスーパーなヒロインではなく、周囲の人に救われ、だんだんと自分の生きる場所を得ていく女性をとてもキュートに演じてくださってます。診療所の仲間や村の人たちもすてきで豪華です。俳優陣の豊かなお芝居を堪能していただけたらと思っております」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.