News ニュース

オードリー・春日らが笑いなしの真剣勝負!?「逃走中」スタッフによる新バラエティー「オチルナ!」2020/11/16

 フジテレビ系では11月22日に「超水上サバイバル オチルナ!」(午後8:00)を放送。同系人気特番「逃走中」の制作スタッフが手掛ける新たなゲームバラエティーに、アイドルから人気お笑い芸人、アスリートまで豪華メンバーが顔をそろえ、水上に設置されたさまざまな仕掛けが待ち受ける“要塞(ようさい)”を攻略し、賞金獲得を目指す。

 プレーヤーが水に落ちたらアウトといういたってシンプルなルールだが、行く手を阻むのが強敵「ソルジャー」。迫り来るソルジャーの妨害を振り切り、水に落ちることなくゲームをクリアして賞金を手にすることができるのは誰か!?

 今回ゲームに挑戦するのは、安藤美姫、泉ひかり、川西拓実(JO1)、金城碧海(JO1)、久保田かずのぶ(とろサーモン)、黒木ひかり、佐野岳、須田亜香里(SKE48)、トム・ブラウン(布川ひろき、みちお)、中村静香、ハナコ(秋山寛貴、岡部大、菊田竜大)、本並健治、ぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)、丸山桂里奈、峯岸みなみ(AKB48)、宮下草薙(草薙航基、宮下兼史鷹)、森渉、ゆきぽよ、ゆん(ヴァンゆん)、四千頭身(石橋遼大、後藤拓実、都築拓紀)。そして、プレーヤーリーダーをオードリーの春日俊彰が務める。

 水の上に設置された揺れるつり橋や、回転バーが邪魔する細長い平均台、さらに水上につり上げられた巨大な柱、そしてソルジャーの妨害をかわしてクリアを目指す。

 司令官となるオードリーの若林正恭は「皆さんトークバラエティーの時とは違った真剣な表情で、そのような顔を見られるのは新鮮でした。元スポーツ選手の方など運動神経がいい人が挑戦していますが、スタッフの気合が入りすぎたのか、ものすごく難しいセットを組んでしまったようで。かなり苦労されていますね」と難易度の高さを強調し、相方の奮闘については「春日はこういう企画ではすごく活躍しますし、もちろんトリだし、やってくれるんだろうなと思っていますが…まぁやっちゃっていますね(笑)。見てのお楽しみです!」とニヤリ。

 そんな春日は「出演者も芸人が多いですが、打ち合わせの段階で『笑いじゃないので』とまず言われたんです。『笑いじゃなく、真剣にやってください』と言われてしまって、芸人がみんな困った顔をしていましたね」とシリアスな舞台裏を明かしている。また、実際に挑戦してみて「すごく作り込んだ巨大なセットだったので、フジテレビの本気を感じましたね。ほかのプレーヤーの挑戦を見ていて、なんで水に落ちるんだろうと思っていましたが、見るとやるでは大違いという典型でした(笑)。要塞の難易度は想像通り難しかったのですが、精神的なものも大きいです。ソルジャーが迫ってきますし、待機している芸人たちから『ソルジャーが来ているよ!』と声がかかって焦りました。私の中ではちゃんとしたプランがあって、ソルジャーはこれくらいのタイミングで来るだろうと予想していて、その範囲内だったのですが、声が聞こえると、自分の想像よりも近くに迫って来ているように感じて、焦りました。水上の橋を渡っている時には風を感じますし、実際にやってみないと分からないんですよね。でもやってみると楽しく、攻略しがいがありました」と感想を述べた。

 若林は「今のテレビではなかなか見ることができない巨大なセットで、かつてのテレビが帰ってきたという感じです。年配の方は懐かしい気持ちで楽しんでいただけますし、若い方もネットでは見られない大規模なセットで、真剣な挑戦が見られると思いますので、楽しんでいただきたいです」とアピールしている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.